新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凹みは大きな器となる。

2014 - 02/23 [Sun] - 13:34

mao.jpg

真央ちゃああああああああああああん!!!



520324_1392959540.jpg

2014ソチ・オリンピック女子フィギュアスケート・フリーで前人未踏、史上初の6種類8回の3回転「8トリプル」をすべて着氷!!

mao2.jpg

mao3.jpg

mao4.jpg

mao5.jpg

mao6.jpg

おめでとう浅田真央選手!!

mao7.jpg


この日は一日なにをするにも浅田選手の「やりきった」という心底うれしそうな笑顔と演技が瞼に焼き付いて、スーパーで買い物中にも涙を拭ってしまう怪しいおばさんになった。

氷の上を滑って、技を決める。
ただこれだけのことに、どうしてこんなに心が震えるのか。
涙が溢れるのか。
それは浅田真央選手だからだ。
ここまでひとの心を揺さぶる演技をすることの出来るフィギュアスケーターは女子では浅田真央選手だけだ。

日本中に世界中に数え切れないくらいの浅田真央ファンがいても
彼女はいつも孤独だった。
たったひとりでリンクに立った。
天の声を騙る醜い大人たちに、これでもかこれでもかと叩きつけられ嬲られても、
それでも彼女は立ち上がって歩いてきた。
何度も何度も立ち上がってきた。
戦って
戦って
そしてまたひとつ偉業を成し遂げた。
なんという精神力、なんというスケーターだろう。
そしてなんというファイターなのか。

浅田真央選手と同時代を生きられたことに感謝します。
この奇跡のような演技を見ることができたことに感謝します。

世界中からの賞賛を思いっきり浴びて、少しでも身体を癒してほしい。

mao8.jpg
ありがとう!!浅田真央選手!!!
そして今一度心から叫びたい。
おめでとう!!!






2014年2月22日(土) 読売新聞 編集手帳

 「心が凋(しぼ)む」の凋。「凛(りん)として」の凛。意味するところは正反対だが、部首は同じである。漢和辞典によれば“にすい”は氷を透かして見える筋目のことだという◆凋んだ心のまま、おざなりに流すのか。それとも、凛として舞うのか。さあどっちだと氷の神様もなかなか意地が悪い。その意地悪な問いに、完全燃焼することで答えた。ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子フリー、浅田真央選手(23)である。◆前日のショートプログラムに失敗し、メダルの望みが絶たれたなかで、ほぼ完璧な演技を見せて観衆を魅了した。フリーでの自己最高得点を更新している◆勝つために全力を尽くすのは、じつはやさしい。負けと決まったあとに、全身全霊を込めるのは誰にでもできることではない。その強い心にテレビの前で、にすいの言葉をもう一つ、「凄い」とうなった方も多かろう◆思い出す五行歌がある。
<いっそ/大きく凹(へこ)もう/いつか/多くを満たす/器になるのだ>(伊藤柚月)
一夜にして器をうれし涙で満たした人がいる。ときに金メダルよりも美しいものに出会うから、五輪観戦はやめられない。 




命懸けの人間に気付いてあげること(伊勢白山道)
2014-02-21 10:23:18 | Weblog


ソチ五輪で日本の期待されていた選手が、競技の途中段階の時点で思うような成績を残せなかった後に、長いインタビューを受けている姿を報道で見ました。
選手の気が動転している中でも、淡々と長時間のインタビューに真摯に答えている姿を見まして、こちらが辛くなって見ていられませんでした。
翌日も競技の後半があるのにもかかわらず、こんな長いインタビューをする必要があるのかが非常に疑問でした。しかも、繰り返し似たような質問ばかりしていました。

日本には「武士の情け」という言葉がありますが、懸命に尽くした上で打ちひしがれている人間に対して長いインタビューをするのは、そこに報道の使命などというものが本当に存在するのだろうか?非常に「日本人らしくない」行為ではなかろうか?これは非情なプンプンものだとか思っていました。

私は、その顔の表情が消えかかる中でも返答している選手を見ていまして、非常に心配になりました。そこには、選手なりに真剣に命を懸けている健気(けなげ)さを感じました。
もしかして大会終了後に、「日本のみなさん、本当にごめんなさい」などと言う言葉とともに、世間から隠れてしまわれるのではないかと、非常に心配になりました。
逆に、「これでは終われません!」などと言って、次のオリンピックを目指す宣言をして欲しいものだと思って見ていました。

家族との別離も体験して、何度も大好きな故人と会いたいと思ったことでしょう。
今大会は、故人へのレクイエム(鎮魂)だという思いだけが、選手を支えている感じがしました。
しかし、最終の競技では非常に素晴らしい演技をされました。感動的な鬼気迫るものでした。
まさに故人への鎮魂の演技をやり切った感じがしました。
もう何も思い残すことが無いかも知れません。
酸いも甘いも、天国も地獄も、人間の裏も表も、社会の矛盾も選手は見たと思います。
先ずはしばらく休んで、ゆっくりと今後の動向を考えて欲しいと思います。

コノ世のすべては、本当の自分(真我・内在神)との間の「経験」なのです。
そこには失敗は一切なく、そのすべてが「経験した」という大成功だけが残ります。
日本人の同じ競技者のベテラン男性選手が、この選手のことについてインタビューされて泣いていました。つまり、競技者だけには分かる真の実力者がその選手だということなのです。
メダルは取れなくても、日本人としての金メダルを選手は多くの人々の記憶に残したと思いました。

生かして頂いて ありがとう御座位ます



THE PAGE 気になるニュースをわかりやすく2014.2.21 11:20解説

浅田真央がソチ五輪のフリーで跳んだ「8トリプル」とは
女子では史上初となる「8トリプル」
「8トリプル」とは、文字通り、3回転以上のジャンプを「8つ」跳ぶこと。
 浅田真央のソチ五輪より前のフリープログラムでは、トリプルアクセルを2回入れるため、コンビネーションジャンプは、「3回転半+2回転トゥループ」になっていた。3回転ジャンプは7つ。しかし、ソチ五輪では、トリプルアクセルを1つに減らし、いわゆる3回転+3回転のコンビネーションジャンプ(「3回転フリップ+3回転ループ」)に変更。これで、3回転ジャンプが「8つ」になった。
 トリプルアクセルを2回から1回に減らしたのは、プログラムを易しくするためでもリスク回避でもない。代わりに3回転+3回転のコンビネーションを入れることで、逆に基礎点を上げる作戦だった。むしろ難易度は上がり、よりタフな構成になっていた。
 浅田真央のソチでのフリープログラムの基礎点の結果は66.34。金メダルのソトニコワ(61.43)、銀メダルのキム・ヨナ(57.49)、銅メダルのコストナー(58.45)を大きく上回った。

今から脚を高く上げるんです!?? ~ヨナたんの技術とGOE。

2014 - 02/19 [Wed] - 15:38

今回はヨナたんの技術について語りますばい。

といってもゆきばあさんはド素人ですたい。
ちょびっと、ほんのちょびっとバレエをかじったくらい。

フィギュアスケートはもちろんバレエじゃなか。別もののスポーツです。
でもフィギュアスケートも新体操もバレエの素養があるないでは
技の美しさ・完成度に大きな開きが出てくる。
クラシック・バレエは全てのダンスの基本と言われるように
フィギュアスケートも「型」にのっとって正確に技を決める点では例外ではなかとです。

ゆきばあさんは
ただフィギュアスケートが好きなだけ。
でもそんなド素人にも「んん???」と目をこすらせてしまうヨナたんの妙技を見てみましょうかの。


*参考画像はすべて有志の方たちのサイトからお借りしました。大変な労力です
しかし……こんな検証画像や動画が作られる時点で金メダリストとしてOUTやろ……orz


これは「お小夜」さんという方があげられたツイッター画像。
(チャルとは写真のこと)
無題1
これはヨナたんがイーグルという技をしているとこばい。
他のスケーターのイーグル写真も見てみましょうかのぅ。

イーグル

イーグル比較
ヨナたんは腰の上に上体が乗っかってるだけ。上体の引き上げがない。
腹筋背筋……つまりは体幹を鍛えてない。
だから上体を比較画像(ボイタノさん)のようにぐっと倒せない。

ヨナたんはフィギュアスケーターとしては身体が硬かとやね。
股関節が開かないから、無理にポジションとろうとするとお尻がでていわゆる「へっぴり腰」状態になる。
膝も硬いから無理に開こうとするとガニ股ちゃんになるったい。
ヨナたんはアンドゥオール出来ないのではないかいね。
アンドゥオール


↓これは直近のヨナたん(ソチでの公式練習の写真)
進歩なし
まったく治っとらんばい。


ビールマンスピン。一番右がヨナたん。
ビールマンスピン比較

これに至っては滑ってるように見えんねぇ。
dara-n.jpg
これはれっきとした本番の演技中ばい。陸の上でストレッチしよるとこじゃなか。
これも上体を引き上げとらんけん、だら~んとした印象になるたい。

こういう画像を載せるとヨナたんファンからは
「浅田真央が負けた腹いせに、わざとひどいポジションのものをわざわざ選んでアップしてる。なんて心根がいやしいの。同じ日本人として情けない」なんてあちこちにコメント残していく自称良識派日本人の人たちがいる。

そのひどいポジションのものを発信しとるのは当の韓国メディア側ばってんが。
それをお借りしとるだけばってんね。

ヨナたんファンから言わせると
上のイーグル写真は「これは上体を倒す途中なの!」
と言うことらしい。
ではビールマンスピンは……
マリア
「これは脚を高く上げる途中なの!」
dokkoisyo.jpg

yuria.jpg

「今から脚を真っ直ぐに上げるの!動作の途中なの!」
ottotto.jpg
ということらしい。
マイケル・マルティネス フィリピン

こういうご意見を聞く(読む)と、いつも不思議に思うたい。

ヨナたんファンなら、

ヨナの演技は繰り返し、繰り返し見ているのでは??
だったら、このひどいポジションがヨナたんのベストポジションということはファンならよ~~く知っているのでは???

ヨナたんの実力がこれならこれでよかと。
ヨナたんの熱烈ファンがいるのもよかと。
好きになるのは自由たい。
そしてどんなところが好きなのかも自由たい。

ただこんなポジションしかとれない演技に「世界最高得点」がつくのが不可解なだけ。
このポジションのどの部分がその高得点につながるのか理由が知りたいと訊ねても

「雰囲気がいい」「きれい」「圧倒的」「迫力がある」「風格がある」

と抽象的であいまいな返事しか返ってこない。
これがTVで喋ってる解説者までがそうなのだから始末が悪い。
(たしかに良くも悪くも印象に残るタイプのスケーターではあるばってんね)
昨夜もニュース(ゼロだったかな)で「圧倒的な演技で~~」と締めくくっとったね。

フィギュアスケートとは、もともとは「正しく図形(フィギュア)を描く」ことだったはず。
雰囲気で図形が描けるのか。
図形を描くのには技術が必要で、より正確な図形を描くには高い技術がなければならず
ヨナたんにはその高い技術力が演技のなかで見られない。

ヨナたんファンはすでにヨナたんがどんな演技をしようがもう関係ないように思える。
だからヨナたんが転ぼうが、3回転が1回転になろうが「きれいだきれいだ」と褒めちぎる。
努力した部分など評価されず、ただリンクに出て滑れば満足とされるなら、もう馬鹿らしくって努力する気などさらさら起きんやろう。
でもそれはアイスショーでやってくだはれ。

これは各国のトップ選手の基礎点を表にしたもの。(クリックで拡大しまふ)
base value

フィギュアスケートの技には「基礎点」があって、たとえばトリプルアクセルなら8.50点、トリプルフリップなら5.83点と決められている。
これは難易度に比例して点数が高くなるので、基礎点が高い選手ほど難しいプログラムを実行しているということになる。
基礎点のトップはダントツで浅田真央選手。
ヨナたんの基礎点はなんと9番目なのだ。
ジュニアからシニアに上がったばかりの15歳のユリアより7番も下。(ビールマンスピンの3枚目の画像のコ)
仮にもオリンピックの金メダリストがこんな低い基礎点のプログラムで滑っとるのだ。
ヨナたん……プライドはなかつね?

分かりやすい喩えを思い出すね。
「浅田真央はクラシックの超絶技巧に挑み、キムヨナは猫ふんじゃったを完璧に弾いた」

失敗は抜きにして、この基礎点だけを見るなら優勝は浅田真央選手たい。
でも現実はそうならない。
それはジャッジ(審判員)がつけるGOE(出来映え点)なるものがあるから。

このGOEがあまりにも愛昧で主観的で不正誤採点(あくまでも疑惑)の温床となっている。
(ちょっと乱暴な喩えばってんが)つまりはジャッジが
「この選手にたくさん点ばあげたかね~」と思えばその通りに点をつけることができる。

嘘のようなほんとの話~♪悲しいくらいほんとのはな~し~♪(By原田知世)

(もちろん上限下限はある。どの採点が採用されるかなど実際はもっと複雑なものだけどここでは割愛)逆に「この選手はダメばい」とみなされれば基礎点からマイナスされる。ジャンプの失敗とかね。

もともとは「教科書のように完璧にきれいに技を決めた選手」へのご褒美のようなものだったはずのGOE。
しかもジャッジは匿名で誰が何点足したか引いたか採点表を見ただけでは分からないようになっている。
(これはジャッジ個人への脅迫や攻撃を防ぐためという大義名分の言い訳があるけど、そのかわりテーブルの下でなにを受け取ろうが関知できないのも確かたい)
野球だってサッカーだって審判は身一つで選手と一緒に戦っとるよ。
なぜフィギュアスケートだけが審判が手厚く保護されるとやろうか。

そして低い基礎点からもりもりのGOEを貰って優勝するのがヨナたんたい。
まさしくGOEマジックとしか言いようのなか。

これはヨナたんにどれだけのプラス点が付けられたのか同じバンクーバーでのメダリストたちと比較したもの。
GOE比較
(この頃のオーサーコーチ若いのぅ)

一見するとふざけているようなレイアウトばってん、どれほどヨナたんのGOEがありえない、馬鹿げたものであるかを視覚的にも表現しているブラックジョークの利いた画像だと思う。
皇帝プルシェンコより上って……このGOEをヨナたん以外の選手が貰おうと思うたら5回転を3回くらい完璧に飛ばにゃいかんばい。ちなみにジャンプの種類はルッツかのぅ。

MAD動画「フィギュアスケーターⅡ」

2014 - 02/18 [Tue] - 21:47

ゆきばあさんがずっと楽しませてもらっているMADをご紹介しますだ。

フィギュアスケーターⅡ



「フィギュアスケーター」というゲームがある?らしくそのFake PVだそうで。
バンクーバー・オリンピック後の2010年に作られたものなので、もう引退しちゃった選手も登場するばってん、ほんなこてゲームのオープニングば見ているようでワクワクしますだ!!

各選手の「特別数式」なるものに、なんど吹いたこつか(笑)。

やっぱり外せないキャラとしてヨナたんが暗黒魔女のように登場しなはるばってん、
これは作成者さまの悪意じゃなく……

恐ろしや

ほんなこてこげんか顔で笑うとらすと!!
(ヨナたん……いじられ素材を自分から提供してますな)


本当は大好きなスポーツに嫌いな選手なんて作りたくないし、いて欲しくない。
嫌いな選手がいるだけで、そのスポーツを心から楽しめなくなるから。
動画はジョークが利いていて、作成者さまのセンスとフィギュアスケーターに対する深い愛を感じますだ。
日本の職人さんはすごか!

チーム公正 connect to fairness!

2014 - 02/15 [Sat] - 15:44

今回はゆきばあさんがずっと読ませてもらっとる
MURMUR別館 管理人「とらもも」さんのブログを紹介させて頂きますだ。

「とらもも」さんはもうずっとフィギュアスケートの世界を見続けてこられた
とても熱心で見識の高い「フィギュアスケート・ファンブログの良心」のようなお方たい。

日本人選手だけでなく海外の選手にも分け隔て無く愛ある応援をつづられた文章はいつも読んでいてあったかい気持ちにさせらるるとです。
その場その場でぎゃーぎゃー言いよるだけのゆきばあさんとは大違い、
(「とらもも」さんはゆきばあさんのような電波者じゃなかよ!笑)
本当に心からフィギュアスケートの未来を憂いておられるフィギュアスケート・ファンのお一人たい。


数日後にソチ・オリンピックの女子シングルが開始されるのに合わせ、
数あるコラムのなかから独断と偏見で2件選んでご紹介します。

ぜひ下記リンク先をクリックしてお読み下さい。

特筆すべきは、このコラムがバンクーバー・オリンピック前の2009年に書かれた文章だということ。
悲しいかな「とらもも」さんの懸念が現実となってしもうたたい。




MURMUR別館 「競技」としてのフィギュアは死んだのか

MURMUR別館 キムヨナ選手の「世界最高得点」の意味を考える




そしてバンクーバー・オリンピックから4年、未だおかしな状況は全く変わっていないということ。



「それは違う」と思っても黙っていたら相手はあなたを「賛成」にカウントする。
ゼロと1は違う。

この動画を見るといつも泣けてくる。泣けて泣けてしょんなか。

日本はやっぱ凄か国やね。
こんな真摯で無私なファンが大勢いるとやけん。
動画ひとつ作るのにどれだけの労力がいることか。
作成者さまありがとう!!

チンクワンタの罪。

2014 - 02/12 [Wed] - 14:50

う~~~~どうしてこんなにPCの動きが悪いのかな~。
ウィルスソフトをバージョンアップするごとに動きが悪くなってるような気がします。
ぐずぐずしてる間にソチ・オリンピックが終わってしまう!
ということで、ゆきばあさん登場。

(前回のエントリー2011モスクワ・ワールドの続きです)




感動的な演出で始まったモスクワ・ワールド。
髙橋選手の演技中にアクシデントの起こってしもうた。
なんと髙橋選手のスケート靴のビスが外れ、演技を中断する事態に。
バンクーバーでも殿(織田くん)の演技中に靴紐が切れるアクシデントのあった。
こういう不意のアクシデントに備えて演技のやり直しが保証されるルールが設けてあるばってん、大会運営上、時間制限の制約があり、それを過ぎると失格になってしまうたい。
その時間はたった2分間。
スケート選手にとって靴は命の次に大事なもの。
靴の状態の善し悪しで演技が分かれ、大怪我をしかねない。
髙橋選手も毎日コツコツと調整を重ね、靴の手入れには万全を期してきたはず。
なのにこげんかトラブルの起きてしまう。
これが世界大会の怖さなんやろうね。

緊迫した雰囲気の会場中に漂うなか、ひとりのオッサンが目を疑うようなことばしよった。
ISU(国際スケート連盟)の会長チンクワンタ氏たい。
(動画で2分36秒あたり)

髙橋選手のスタッフが必死で靴のビスを留め直しているのを笑いものにしている場面が会場のスクリーンに大写しにされたたい。
tinta.jpg
映されていることに気づき、慌ててを平静を装うチンクワンタ。敬称つけるのもアホらしいオッサン(このオッサンはファンからは「珍太」と呼ばれている)。
チンクワンタの豹変ぶりにさらに大爆笑のスコット・ハミルトン。このおやじも悪よのぅ。
tinta2.jpg

真摯にただひたすらに全身全霊をかけて競技に向かう選手を、
こともあろうか、そのスケート連盟の会長が選手をあざ笑う。
こんなことがあってよかつか。
もともとチンクワンタはスピードスケートの出身でフィギュアスケートには興味のなかという話やったばってん、ここまで酷かとは思わんかったたい。

これはバンクーバーでのロシアの仕返しの始まりと思う。
プーチンサイドはチンクワンタが何かやらかすと予想した上で、ずっとカメラの張りついとったのやろうね。
でなければこげんタイミングよう醜態の場面をカメラに抜かれるとは思えんたい。

自分がメダルを授与する表彰式などではなくまったく予期せぬ場面を大スクリーンに映し出されてチンクワンタはさぞ肝が冷えたろうね。
このあともちょいちょい会場席にいるチンクワンタは映されとった。
神妙~~な顔(いまさら笑)ばしとらしたが内心は脇汗ダラダラやったろう。
つまりはプーチン側に監視されとったということ。
大会の間中ずっとチンクワンタの行動はカメラに記録されたのではなかろうかね。

実際にチンクワンタは2010年バンクーバーオリンピック後のトリノ・ワールドでもおかしか行動ばしとる。
優勝した浅田選手を差し置いて、銀メダルのヨナたんに秋波の目つき。

2010世界選手権
(よそ見すんな!まずは浅田選手にきちっとメダルをかけろ!きちんと仕事しろ!!)

そして次年度のこのモスクワ・ワールドではまたまた優勝したミキティではなく
ヨナたんに何ごとか話しかけ、そしてその直後ヨナたんが号泣するという出来事のあった。

2011世界選手権

このヨナたんの泣き方は感動して嬉しくて泣いたというよりは「怒られてベソかいた」ように見えるね。
本人は後日インタビューで「いろんな思いが混ざり合って自分でもよく分からなくなり涙が出てしまった」みたいなことを答えとるけど、ゆきばあさんは金メダルを取れなかった言い訳をあれこれ考えとったのやろと思った。
ヨナたんにとって一番怖いのは祖国のバッシング。税金を大盤振る舞いで使ってきた特権を奪われることが何よりこたえるはず。
何かのインタビューでも「日本では2位おめでとうと言われるが韓国では『なんだ2位か』と言われる」と話していたように反日の強い韓国では日本人に勝つことがなにより賞賛されることで、このときのヨナたんの衣裳は日本の津波をイメージしたとの噂だったし、大震災で一ヶ月大会が伸びて練習時間が増えたのでラッキーだったと持ち前のKYな発言もしている。
なのに韓国へのアピールもばっちりだったこの大会で2位。
しかも大会の最初から最後まで大震災に遭った日本を応援する演出に居心地悪いことこの上なかったやろうね。

この件について平御幸さんは「ワールドの疑問点」でこう見解している。
(該当部分を引用させて頂きます。全文は色文字のリンクからどうぞ)



 昨晩はワールドのエキシが放送されていましたが、掲示板では韓国選手のやる気の無さが話題でした。日本の三選手を囲むフィナーレの構成に加わるのが嫌で、韓国選手はフィナーレに出ないで帰ってしまいました。また、フジテレビはフィナーレの感動場面を放送しませんでした。ロシアの日本に対する配慮が目立つのと、それを嫌った韓国選手が居ないのが明らかになるからです。

 しかし、この構成だけが韓国選手のやる気の無さの原因ではないと思います。なぜかというと、韓国選手の抜けた穴をロシアのノービス選手が埋めていたからです。日本の三選手を囲む友情の輪にノービスです。これを練習で見た他の選手が韓国選手に怒ったとしたらどうでしょう。その怒りは一人や二人ではなかったと思います。コストナーは絶対に非難するだろうし、大半の選手は口に出さなくても目で怒りを表現すると思います。

 このような経緯があったのなら、韓国選手が終始、怒った顔でエキシを消化した理由となります。また、この伏線が表彰台での韓国選手の涙の真相だと思います。韓国選手は二位になった時点で、連盟を通じてエキシの辞退を申込み、それを表彰式の時にチンクアンタから拒否されたのだと思います。チンクが発した言葉は、「エキシに出ろ」という過酷な物だったのでは。



(ノービス……ジュニアより下の年齢のこども)

ヨナたんは表彰式後の記念写真撮影でもKY行動。
ヨナたんがミキティ(優勝者)の場所(真ん中)に立ち注意される場面があった。

そこじゃない
勘違いです(本人談)
ヨナたんは前年度のトリノでもおなじことをやらかしている。
浅田選手の場所(優勝席)に平然と立ち、いつまでも退かないのでカメラマンや記者から注意され、母国のインタビューで「1位に慣れてたから」と答えとったっけ。


さてチンクワンタの話に戻ろうかいね。

茶番くーばー

チンクワンタの隣に座っているのは、サムスン電子会長の娘婿キム・ジェヨル氏。

国際スケート連盟の会長が、大会の席上でこんな特定の国の企業の人間と親しくしていていいものなのか。
しかもこの写真を見る限りではチンクワンタの方がおべっかを使っているように見える。
サムスンはスポンサーやけん?うんにゃスポンサーはサムスンだけじゃなかよ。
この行動がすでに公平性を欠いとるたい。
しかもこのキム・ジェヨル氏。大韓スケート連盟の会長って……あ~~たたち、バレバレたい!!


この珍太うんにゃチンクワンタ氏。
やっとスケート連盟の会長職を退いたらしい。

ソチに追い風が吹くことを祈ります!

すべての選手に公平な採点を!

« | HOME |  »

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。