新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 「ウェールズ」と「ターシャ・テューダー」カレンダー。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウェールズ」と「ターシャ・テューダー」カレンダー。

2007 - 09/21 [Fri] - 19:05

2008年版のカレンダーが次々と発売になっているようです。
こちらでは相変わらず連日35℃の猛暑…それとも残暑というべきなのか、気分はまだまだ来年のことには向かないというのが正直なところです。
けれど暦の世界ではもうとっくに秋真っ盛り。
早いな~と思いつつも、密林で見つけた2008年版のカレンダーをぽちっと押してしまいました。

今回も引き続き暦ネタですが、天水がふだん愛用してきたカレンダーをご紹介します。
w4

w3

ドアから顔をのぞかせているくまくんは「ウェールズ」くんと言います。
イラストレーターでありモンスイユの主宰者である戸崎尚美さんが描く、このくまくんと、とある雑貨屋さんで初めて対面したときは感激しました。
バラ模様の壁紙のお部屋でお茶を飲んでいるくま───。
説明を読むと彼は英国のウェールズ地方に住んでいて親友ははりねずみくんという、そのなんともイングリッシュなスタイルに嬉しくなってしまいました。
w

そして2002年から2006年までの丸5年間、お揃いの手帳も一緒に買い求め、ずっとウェールズくんのカレンダーを使ってきました。
(2006年版には初の英国旅行のスケジュールが書き込まれていて懐かしい~)
w2

けれど2006年には、色んな事を変えたいという欲求が高まっていたせいか、2007年版は全く違うテイストのカレンダーを購入しました。
ターシャ・テューダー」です。
t

ターシャとの出会いもまた衝撃的でした。
初めて彼女のことを知ったのは2005年のNHKの特別番組「喜びは創り出すもの~ターシャ・テューダー四季の庭」でした。

米国バーモント州に30万坪の庭と18世紀の農家をイメージした暮らしを貫いている89歳の絵本作家ターシャ・テューダー。
その暮らしぶりには勿論のこと、彼女が今でも現役の絵本作家であるということに、ものすごい衝撃を受けました。
アメリカにこんな女性がいたなんて…!
「89歳になった今も、いくつも計画があるの。バラの専門家になることは、そのひとつよ。」

自然を愛する心、たゆまない向上心。
キッチンが仕事場であり、4人の子供を育てながら、お鍋をかき混ぜる合間に、一筆一筆色をのせ、努力と忍耐の日々の中で絵を描いてきた彼女───。
現在92歳になった彼女の、その生き方とプロ作家としての姿勢に、彼女から見ればまだまだひよっ子のわたくしは、ただひたすらに畏敬の念を抱くのです───。
(以下2007年カレンダーより)
t2

t3

t4

t5

t6

t7

t8

t9

t10

t11

ターシャの2008年のカレンダーが届くのは10月4日ごろになりそうです。
あああ待ち遠しい…。
ターシャ

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。