新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ごあいさつ > ブログ開設1周年。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設1周年。

2007 - 07/20 [Fri] - 13:51

いつもこの拙いブログにおいで頂きありがとうございます。
本日7月20日で「天水の櫻花楼だより」は1周年を迎えることができました。

何の知識もないまま、けれど少しでも自分の感じることをお伝えしたい…そんな思いからのスタートでした。

どこかにある架空のお茶屋さん「櫻花楼」から届く、ちょっと不思議でスピリチュアルなお話…ということを意識してこのブログを「天水の櫻花楼だより」と名付けました。

けれどこうして一年を経過しても、実際にはまだまだお伝えしたい不思議なことの三分の一も書ききれていないというのが正直な感想です。

何かを伝えることの難しさ。
ぴったりの表現に出会えないときの苛立ち。
心の中にある未完成な何かが言葉として紡ぎ出せないもどかしさ。

そういう思いから近頃はすっかり遠ざかってしまっていたように思います。
しかし、そんな葛藤が「文章を書く」ということの醍醐味であるということは他でもない自分が一番良く分かっていることだったのですが…。

「文章を書く」ということは身を削ること。
自分の身体から溢れる「何か」を言葉に変えて昇華させること。

そして近頃の自分は、果たして身を削るような文章を書いて来ただろうか……。
そう自分に問えば、答えは「否」です。

一周年を機に初心に立ち帰り、ふたたび「文章を書く」という行為を見つめ直したいと思います。

最後に。
座右の銘とはおこがましくて言えないのですが…。
天水が目標とする言葉をご紹介します。

「文学は物言わぬ神の意志に言葉を与えることである」(芹沢光治良


これからも地味な更新になるかと思いますが、どうぞ櫻花楼とよろしくお付き合いをお願い致します。

天水 拝

***追記***
開設一周年を記念して、オリジナル小説を公開したく現在準備中です。
PDFでのWeb公開を考えておりますが、わたくしが想像していた形と違うものになりそうなので、ちょっとストップした状態になってしまいました。
詳しい方の意見を頂戴しつつ試行錯誤中です。
なるべく読んでいただく方の負担にならない方向で持って行きたいのですが…。
近日中にお知らせ出来ると思います。楽しみにして下さっていた方には大変申し訳ありません…。

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。