新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 忘れられない震災記事 > 日本の震災瓦礫が北米西海岸に大量に漂着そして……。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の震災瓦礫が北米西海岸に大量に漂着そして……。

2013 - 04/06 [Sat] - 15:54

春の嵐……桜も散ってしまいましたね。
まだお雛様も出しっぱなし……オイオイな毎日です(汗)。

さて本題に。
潮流の関係で大震災時に海に流出してしまった瓦礫が2年経った現在、北米に大量に流れ着いているということ、そしてその撤去作業のための賠償金を日本政府が支払うという記事をいつかニュースで見たことがありました。

このニュースのことはすっかり忘れていたのですが、それに関してカナダとアメリカの反応を伝えてくれる動画がアップされていましたのでご紹介します。

以下、動画と動画解説はすべてテキサス親父 日本事務局よりお借りしました。




【動画解説】

2011年3月11日に東日本を襲った震災時の津波の影響で、海に流された震災の瓦礫(がれき)が、約2年の歳月を掛けて、大量に北米西海岸(カナダの西海岸と米国の西海岸)に大量に漂着している。

カナダにいる日本人留学生達も、日本から流れてきて迷惑を掛けていると言う事で、現地でボランティアで清掃を行っている。

そんな中、この震災の瓦礫について、カナダのメディアが報じており、また、その中には日本からこの瓦礫の清掃作業のために100万ドルがカナダ政府に送られたことを報じている。

このニュースサイトには、読者のコメント欄がありそのコメント欄の多くが、

「このお金は受け取るべきではない」

「こんなのを受け取るのは恥ずかしい」

「丁寧にお断りするべきだ」

「自分の地域の議員や国会議員にお金は受け取らないようにとメールを送ったよ」

「日本が津波を起こした訳ではないのに何で?」

「日本には、まだ、多くの人が大変な思いをしているのに受け取るべきではない」

「驚いた!自分達があれだけの災害にやられたのに」

「日本が海にゴミを捨てた訳じゃないだろ」

「100万ドル貰ったんなら200万ドル日本の海岸を片付けるために為に寄付しろよ」

「マジで受け取ったのか?」

「そのまま返すとか拒否するのは失礼だから、一度貰って別な形で返せよ」

「日本の文化では、貰ったら返すってのがあるから、それに従って返せよ」

このようにほとんどのカナダ人達が、「日本自身が大変なんだから返せ」と言っています。
また、

「日本は凄い国だ!自分達大変な時にでも他国に気を使うことが出来るとは素晴らしい」
などなど、一部の例外を除き、非常に文化的なコメントで埋め尽くされています。


カナダのニュースサイト:http://www.cbc.ca/news/world/story/2013/03/13/bc-tsunami-debris-clean-up-japan-money.html

ジャパンタイムスの記事:http://www.japantoday.com/category/national/view/japan-donates-5-mil-to-u-s-for-tsunami-debris-cleanup
(記事自体は保存期限切れですが、コメント欄はそのまま残っています。

さて、テキサス親父が、この震災が日本海側で発生し、その瓦礫が朝鮮半島やロシアへ流れ着いて、日本がそれに対して同じように撤去費用を支払った場合、朝鮮人やロシア人達の反応はどのようなものだろう?と言っています。皆さんは、どう思いますか?




日本人留学生のみなさんも撤去作業のボランティアをされているのですね!
地味な努力に頭が下がります。
ありがとうございます!
北米の皆さんもありがたいコメントをありがとうございます!

ロシアのみなさんもきっと同じように感じてくれるのでは?と思うけどなあ(笑)。
(ロシア芸術贔屓なのでロシアにはちょいと甘いワタクシ)
プーチンさんにはこっそりと期待もしてたりして。色んな事で(笑)。

漂流物

アメリカはオレゴンに住む日本人の友人
(某B丘さんのお友達)が、
先週末に、日本からの漂流物が浜に到着する頃だから
地元の人々が、日本人のボランティアを募って
色々と見分けてもらい、清掃するのだと話していました。
そのボランティアに、彼女も参加されました。

日本が、その為に、お礼のお金を送っていたのは
知らなかったです。
コメントの中の言葉 … 私も、日本ってやっぱり律儀だなって
感じます。とても日本らしいな、とも感じます。

100万ドルは、とても大きな金額ですよね。
正直、それは必要ないだろうって思うのですが、
けれど、その心をきっと、汲み取ってもらえるだろうとも思います。

この瓦礫清掃だけでも、ひとつのドラマですね。
2年の月日を経て、流れ着く物たち …。

やっこちゃん!

やっこちゃーーーっん!
今日やっとお雛様を仕舞ったわよんホッホッホッ( ̄▽+ ̄*)(遅すぎじゃ……)


>アメリカはオレゴンに住む日本人の友人

あ、この方わたくし分かる。
ボランティアに参加されたのですね。本当に頭が下がります。
ありがとうございます!

日本人の精神性が外国の方から好意的に思われているのは、ひとえにこうした記事のように外国在住の日本の人たちがきちんとした生活を送られているからではないかしら。
日本人に対する信用とか信頼とかはやっぱり現地で直接ふれあう日本人の人たちが立派だからと言っても過言ではないと思うな。

やっこちゃん!長年国際貢献(笑)ありがとう!!!
いや笑い事じゃなくて、マジよん。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。