新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ロザリアンへの道。 > 薔薇部活動報告~モグランラララ♪  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇部活動報告~モグランラララ♪

2012 - 11/09 [Fri] - 12:14

朝のパトロールで、ピエールの株周りの土がやたらと盛り上がっているのに気づく。
もしかして、やまださんちのねこが掻き回したか?あいちゅめ~~と思いつつジョウロで液肥を根元にかけたら、土が一気にどさっと沈んだ。
???

もう一株のピエールも同じ。
すると濡れていないところの土がもこもこっと動いた!
明らかに生き物の気配~~~。
ぎゃーーーっっ!!

「そりゃモグラたい」
……も、もぐら???

我が家には花壇から数メートル先に畑があり、そこにはもうかなり以前からモグラよけの風車が何台もからからと回っている。
それだけ畑にはモグラがやってくるということなのだけど……。
ピエールを育てるようになってから、好みのバラの園芸書を買い求めては読み込んできた。
そのどれも害虫や病気のことは詳しく書かれてあってもモグラに関する記述はひとつもなかったので、全くピンと来なかったのだ。
しかしネットで調べてみると、モグラの害に悩んでいる人は少なからずいるようだ。
モグラは土の中にいるミミズなどの虫を食べるので、バラの根をかじったりなどバラに直接悪さをするわけではない。
むしろモグラがやって来るということはミミズがいる良い土作りができているという証明なのだけど、土の中を縦横無尽にトンネルを掘って掻き回すので、根に傷を付けられると病原菌が入ったり隙間ができると根が養分を吸収できなくなったりで結果バラが枯れてしまうということがあるらしい。
正直ありがたくない訪問者である。

かといって薬は使いたくないし殺生もしたくない。
自発的にご退場いただくとなると、やっぱりこれなのかしらん。
じゃーんっ!!
PA160127_20121109113143.jpg
モグラよけ風車!

これをピエールの両側と真ん中に3台立ててもらいました。
実はこれ500mlのペットボトルからお義父さんが作ったもの。
(「お~いお茶」のペットが一番作りやすいらしい)

PA160128_20121109113143.jpg
チープな手作り感が素敵でしょ?(笑)

たぶん今までに100個くらいは作っているのではないかな。
ご近所や仕事先の方から頼まれたりで、せっせと作っては(材料確保のために)せっせと「お~いお茶」を飲んでいます(笑)。←家族は誰も飲まない。

この風車が風を受けてカラカラと回り地中に伝わる震動がモグラは嫌いなのだということですが……。
さて効果はいかに?
とりあえずトンネルを崩して土を元通りにしておきました。

翌日。

PA080007_20121109112950.jpg
土に穴が!
こちらにも……。
PA080008_20121109112949.jpg

出て行った後なのか、もぐり込んだ穴なのか判別がつかなかったのですが、その日は土に変化がなかったので、どうやら出て行ってくれた穴だったようです。
モグラ騒動からすでに一月ほど過ぎましたが、これ以降花壇が荒らされることはなくなりました。

モグラよけ風車の実力を見た。やっぱ効くんだなあ。←失礼。



晩秋の澄み切った空の下、ピエールはまだまだ成長中。
PA160121_20121109112949.jpg

私の背(161㌢)をとっくに追い越して、今では3メートルはありそうです。
もう手が届きません。

PA160122.jpg

PA160123_20121109112948.jpg

PA160126.jpg

PA160132_20121109113143.jpg

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。