新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 通潤橋へ行って来ました。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通潤橋へ行って来ました。

2011 - 12/22 [Thu] - 11:48

秋晴れ(冬晴れではないの~いつの話やねん)の日曜日に熊本県にある通潤橋に行って来ました!

この日は気持ちよい行楽日和。
さすがにいいスポットはすでに満車状態だったので、山の上(!)の第二駐車場からえんや~どっとと駆け下りて……あと3分で放水が始まってしまう!
kumamoto1
ヤレヤレ間に合いました~。



通潤橋とは (Wikipedia)

通潤橋(つうじゅんきょう)は江戸時代の嘉永7年(1854年)に阿蘇の外輪山の南側熊本県上益城郡山都町(やまとちょう/旧・矢部町)の五老ヶ滝川(緑川上流に位置する一支流)の谷に架けられた石組みによる用水の水路橋である。
通潤橋は嘉永7年(1854年)、水源に乏しい白糸台地へ水を送るために架けられた通水橋である。建造にあたっては地元の総庄屋であった布田保之助が計画を立てて資金を調達し、熊本八代の種山村にあった著名な石工技術者集団種山石工の協力を得、近隣農民がこぞって建設作業に参加した。

この水路付き石橋はアーチ型の木枠(支保工)を作った上に石を置き、水路を設置して橋が完成したところで木枠を外す工法により建造された。石橋の木枠を外す最終段階には橋の中央に白装束を纏った布田翁が鎮座し、石工頭も切腹用の短刀を懐にして臨んだという。

単一アーチ式水路石橋という特異な構造と物理的原理が見事に成り立っていることからその貴重さが認められて、昭和35年(1960年)に国の重要文化財の指定を受け、またくまもとアートポリス選定既存建造物にも選定された。この地域には通潤橋の他にも規模の大きなアーチ石橋が架けられており、加藤清正以来の肥後石工集団の技術の高さを示すものである。

現在では
橋の中央上部両側に放水口が設置されており(川の上流側に2つ、下流側に1つ)、灌漑利用が少ない農閑期には観光客用に時間を区切って20分程度の大規模な放水を行っている。
この放水の本来の目的は、石管水路の内部にたまった泥や砂を除くためのものである。最近では全国から通潤橋の放水風景を見に来る観光客も多い。




12時ジャスト!
kumamoto2

始まった~~!
kumamoto4

歓声があがります。
kumamoto3

旦那はんは土木の男なので、こういう古い時代に造られた橋とか見るのが好きなのだ。
重機もセメントもない時代に本当によく造られたものだと感心する。
しかも強固。すごいよ肥後石工集団!

kumamoto5

kumamoto6

実はわたくし……時を遡ること30年(!)前、中学校の社会科見学で、
この通潤橋を訪れているのだけれど……。
こんなところだったっけ?
な~もなかったようなイメージが><。
ずいぶん観光地化されたってことでしょうね。

イベントもあってました。
PB130046.jpg
熊本県のゆるキャラ「くまもん」。
熊本城の城主だった加藤清正公の鎧を着てるわ~v
PB130045.jpg

PB130048.jpg

PB130043.jpg

古そうな石碑。
PB130058.jpg

放水が始まってから30分後くらいに、お水が少なくなってきました。
そろそろおしまいのようです。
PB130050.jpg

PB130052.jpg

PB130055.jpg

ぴちょん……。あ~あ終わっちゃった。
PB130056.jpg

橋の上にて。
PB130057.jpg

この橋の上を通って抜けたら、第二駐車場はすぐだった……。( ̄▽ ̄;)!!
がんばって走ったのにな~~。

とても良い~~

とても素敵な一日になりましたね、ゆきさん!!
写真を、楽しませていただきましたっっ。
秋の日本の素敵な光景。
干した稲の田んぼも …
そして、その豪快な放水の様子。
鳥肌が立ったよ!!

どうぞ、良いクリスマスを!!

やっこちゃん!

久々の画像アップでっす!
実はデジカメ壊れちゃってさ~~~くすん。
とりあえずこれが最後の画像アップかも。
新しいのを買いたいな~とは思ってるんだけどね。

なかなかのどかで良いところでしょ?
こういう里山の風景は残してほしいよね。
古い石造りの物ならエディンバラには負けないくらいもっと古くて色々なものがあるよね。
彫刻が施された西洋の建築も大好きだけど、日本の素朴な建築も味があっていいよね^^。

今日はもうクリスマス!
まいけるさんと良いクリスマスを!
(もしかしてダンディーに行くのかな?)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。