新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ごあいさつ > 英国浪漫譚~出発前夜によせて  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国浪漫譚~出発前夜によせて

2006 - 10/18 [Wed] - 21:06

 いよいよ明後日、英国に向かって出発いたします。
いきなり(本当に「いきなり」でした)の夢の実現に、自分自身がまだ実感が湧かずにいます。
8月から準備を始めたというのに、夢の途中のようにぼんやりと彼の地に思いを馳せては、いかんいかんと我に返るの繰り返しで、最後の最後になってやっと荷物を詰めました。

 どうしてこんなにも英国に惹かれるのか、自分でも不思議です。フランスやイタリア、ドイツも素晴らしいと思うのに、やはり気持ちはいつも英国なのです。
そしてスコットランド…。

 初めてエディンバラに住む日本女性「やっこさん」のことを知ったのは、スコットランド在住の翻訳家の方が公開されていた「スコットランド掲示板」にやっこさんが書き込んで来られたことからでした。
私はその一年くらい前から、以前ブログの記事で書いた桜の物語の原型となったお話の資料集めと趣味のために、その掲示板を通じてスコットランドのことを興味深く調べていた頃でした。
その頃のやっこさんは二度目の渡英をされたばかりで、靴屋さんにお勤めで、外国の地で健気にそして明るく暮らす前向きな女性という印象でした。
早速HPを訪ね、彼女から発信されるエディンバラの情報や物語、そしてユーモアの中に時折のぞくセンチメンタルな彼女の人柄に惹かれ、HPに日参するようになったのです。
そして今ではかけがえのない友人の一人としてお付き合いをさせて頂き、今に至ります。
そのやっこさんとの逢瀬が明後日20日(日本時間では21日ですが)に叶います。
 知り合ってから今に至るまで、お互いを取り巻く環境も随分と変化しました。
その中でそれぞれの夢を誓い、お互いに励まし合って歩いて来たこの数年間は私にとって大事な宝物のような軌跡です。

 20日の夜、やっこさんはエディンバラ空港で薔薇の花を口にくわえて待っていてくれるそうで、今からとっても楽しみです。
そして、もう一つの外せないお楽しみが19日の夜に待っています。
題して「羽田の会」!
同じようにやっこさんを介して知り合ったお嬢さんお二人「あきさん」と「fionaさん」に羽田空港で会えることになりました!
お二人とも貴重な時間を私のために空けて頂いて感謝感謝です。
粗忽シスターズ長女の名にかけて、ばりっと決めて参ります!!(笑)。

最後に今回の英国行きによせて、木花万乃さまよりアドバイスを頂戴しましたので、ご紹介させて頂きます。

10月自体は、行動する事でパワーを養える時期です。
ただ、注意点としては出発の日には充分体調に気をつける事。
25日~27日は思わぬ不本意な出来事が起こるかもしれません。
万全を期してください。

今の時期は願ってもない事が実現する時で、
この旅行は神様が授けてくださったものでしょう。
きっと得るものが大きいはずです。
どうぞ、存分に楽しんできてください。



25日~27日はやっこさんと別れて一人でロンドンを回ってから帰国します。
浮かれないように気を引き締めて!ってことでしょうか(お見通し?笑)。

では!行ってきまーす!!

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。