新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 訴訟費用を義援金へ。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴訟費用を義援金へ。

2011 - 06/09 [Thu] - 11:31

昨年。意外というか、ちょっと驚いたニュースがあった。
サンリオがミッフィーをぱくったキャラ「キャシー」を販売しているとして、ミッフィーの作者ブルーナ氏から訴えられたというものだ。

ミッフィーの地元オランダでの記事画像。
kitty2

しかしこの比較画像を見て、すぐにピンとくるサンリオファンは少なかったのではないだろうか?
うさぎの「キャシー」はキティーちゃんファミリーの一員らしいのだが、正直こんなキャラクターいたっけ?という感じ。
わが家も丁稚(上)が小さいころはキティーちゃん漬けだったので、グッズに飽きたらずサンリオのテレビ番組やビデオは見尽くしたというくらい見たし、ハーモニーランド(大分県の方ね)だって3回行った。
なのにこの「キャシー」という名前からしてピンとこない。
それとも寄る年波のせいできれいさっぱり忘れているだけ??

そうしたら                 ↓ ↓ このコ! ↓↓ のことだって!!

kitty
なあんだ!いつもキティーちゃんとセットでいるコじゃない!
このコならキティー・ファミリーの中でもかなりの古株だと思うけれど、どうして今頃??
しかもほとんど比較画像のような格好で登場したことはないんじゃないかと思うのだけど。
それにしても、このミッフィー贔屓の日本で、
かわいいキャラを生み出すことにかけては世界一(だと思う)の日本で、
その元祖ともいえるサンリオでこんな問題が起こるなんて~。
ブルーナ氏側からの主張にサンリオもさぞかし面食らったのではないかしらん。

感覚的なものはどうしても個人の主観が混じってしまうので、他人から見ればそっくりな兄弟でも本人同士はまったく似てないと思っていたりするし、モスクワ・オリンピックのキャラ「こぐまのミーシャ」の作者も、2014年開催のソチ・オリンピックのくまのキャラクターがミーシャを真似たと、こちらも問題になっているようで……巨大なパクリ国家が実際に存在するから著作権の問題には(特に外国相手では)シビアになりがちなのは仕様がないけれど。
でも。
日本人はミッフィーが大好き。
キティーちゃんを愛でる日本女性の大半がミッフィーも愛してきた。
そのことをブルーナさんは分かっていらっしゃるはず。
どうかあまり大ごとにならないようにと願っていたら……。
昨日(6月8日)和解の記事が~!




読売新聞 2011(平成23)年6月8日付 朝刊

もうけんかしないよ

両者訴訟費用 被災地に寄付

kitty2

サンリオのウサギのキャラクター「キャシー」=写真左=と、オランダの絵本作家ディック・ブルーナ氏が生んだウサギの「ミッフィー」=同右=の著作権を巡る問題で、サンリオは7日、ミッフィーの著作権を管理する同国の企業「メルシス」と和解したと発表した。
 メルシスは昨年10月、キャシーがミッフィーを模倣し、著作権を侵害しているとして、キャシー関連製品の販売差し止めを求める訴えをアムステルダムの裁判所に起こした。これに対しサンリオは、同裁判所にミッフィーの商標権取り消しを訴えていた。
 両社は東日本大震災を受け、「訴訟にかかる費用を、日本の復興のために寄付すべきだという結論に至った」として、訴えを取り下げた上、共同で15万ユーロ(約1750万円)を被災地に寄付するという。




一件落着。
ブルーナさん!ありがとう!!

めでたし。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。