新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 忘れられない震災記事 > 「夜空の星がきれいでした」。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜空の星がきれいでした」。

2011 - 04/28 [Thu] - 12:05

読売新聞 2011年3月30日付 朝刊

yomiuri2011/3/30

救助待った9日間
阿部任さん 祖母と二人
中に80のおばあちゃんがいる。助けて」。
旧北上川沿いの地区で行方不明者を捜索していた石巻署巡査部長の清野陽一さん(43)は20日午後4時頃、かすかな声を耳にした。
倒壊した家の屋根の上、少年が真っ青な顔で震えている。
清野さんはお菓子を差し出したが、彼はなかなか受け取ろうとしない。
おばあちゃんがいるから、先に
 緊急消防援助隊新潟県隊員の佐藤裕一さん(28)も駆けつけ、寿美さんの担架搬出を手伝った。「痛いところは?」「食べ物はありましたか?」
一言一言に「9日間よく頑張ってくれた」という感謝にも似た気持ちを込めた。

 約40分後、鹿児島県警航空隊のヘリ「はやと」が現場に急行し、ロープで2人を高度20㍍の機内に運び入れた。整備主任の井之上豊さん(36)は、疲れ切って椅子にも座れない寿美さんを膝に載せて座った。
 操縦していた副隊長の和田正治さん(41)には、寿美さんと同じ年頃の母親がいる。息子は15歳だ。
着陸してヘリから2人を送り出した後、機内で「うれしいですね」と同僚に話しかけようとしたが、涙があふれて言葉にならなかった。

 救出劇の6日後、入院中の任さんを見舞ったアトリエ教室代表、新妻健悦(けんえつ)さん(63)は救助までの間、どう過ごしたのか尋ね、その答えに驚いた。
夜空の星がきれいでした」。
新妻さんは任さんが小学1年の時から絵画の指導をしている。「閉じ込められた家屋のすき間から見ていたのだろうか。窮地でも星を見る余裕を持っていたことが生存につながったのでは

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。