新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 震災から一ヶ月以上がすぎて。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から一ヶ月以上がすぎて。

2011 - 04/19 [Tue] - 14:38

前々回のエントリーをアップした翌日、未曾有の大震災は起こった。
私はその日、丁稚の中学校の卒業式に出席していた。
卒業証書を受け取る姿に、三年間早かったなあ……という感嘆と、卒業生の合唱に感動して、お昼に行われた食事会でママ友たちと楽しく語らって美味しいごはんに舌鼓を打った。
それから子どもたちをカラオケへ送って、その合間に夕飯の買い物をすませ帰宅の途についた。
いよいよ高校生かあ……という感慨と、締め切りまで20日。あと100枚書けるかなあ……なんてぼんやりと考えながら夕飯の支度を始めた。

東北で何が起こったのかなんてまったく知らなかった。
情報にあふれた時代というけれど、でも情報は自分が欲さなければ何ひとつ伝わってはこないのだ。

翌日からはただただ呆然としていた。
朝刊に大見出しとともに掲載された写真とテレビの映像に打ちのめされる衝撃に、なすすべなくショックを受けるばかりだった。
そして自分は書くことを放棄した。
もう締め切りなんてどうでもよかった。
自分がいったい何ほどの者だというのか。
何事かが起きればこうして無力感にさいなまれ、あっさりと放棄する。
「書かなければならない」絶対的な執念や覚悟が自分にはないじゃないか。
そんな人間が書く物なんてたかがしれてる。何のたしにもならない。そんなものは世の中に必要ではない。紙と電気の無駄だ。
作家になりたい?
ちゃんちゃらおかしいや。
こうして衣食住が足りた毎日を送れて、それでじゅうぶんすぎるほど幸せじゃないか。
申し訳ないくらいすでに恵まれているじゃないか……。



……と、まあふだん愚鈍な自分でさえ、こんな精神状態でありました。
それだけこの大震災は深かれ浅かれ、誰の胸にもなにがしかの爪痕を残していった果てのない巨大なものでした。

こうして沈んで、そして今また浮いて上昇しつつ……そのなかで感じたことは、
衣食住の足りた安全な場所に身を置く人間が停滞することは、驕りと怠けとの紙一重なのだな……と。

ここ一月のあいだは、いろんなことがめまぐるしくありました。
すぐに立ち止まってしまう停滞前線のようなうっとうしい自分を叱咤するように、日常はベルトコンベヤーで運ばれる品物のようにどんどん流れてやって来ます。
卒業式が2回、入学式も2回、丁稚の誕生日もありました。
そして今まで見ないふりをしていた物置代わりの小部屋を片付けました。
今後震災に見舞われたときのために、身の回りの品を整理して、少しでも身軽にしておきたいと思ったのです。
しかしまあ、化石発掘のように色んな層から物が出てくる出てくる(笑)。
山のような本。
いつか使おうと思って取っておいた雑貨などなど。
その存在の欠けらすら忘れて仕舞い込んでいたものがざっくざく♪
ということはもう現在の自分には必要ない物ということだよなあ。

もちろん完璧にはできませんが、何度もいやんなっちゃう気持ちをなだめつつ、多少の整理ができました。
はふ~~。
疲れるけど、身体を動かすとスッキリします。
やはり何をするにも「頭で考える前に動け」ですなあ。


すでに有名な動画なのでご存じの方もいらっしゃるかも。

このおじいさんの態度が清々しくってほんとうにすばらしい。
自衛隊員に抱っこされてワンも一緒に救出です!!!


ダニエルさんからのお礼。

ダニエルさんも無事で良かった!
久しぶりにダニエルさんの山形弁ききました。
こちらからお礼を言いたいです。少しでも長い支援を続けていきたいです。

きっと…

もっと凄い天変地異が起こって、世の中全体が機能をなくした時、
金塊やお金なんかより、どんな便利な電化製品より、書物は価値のあるものとなるでしょう。
そう考えると、やっぱ電子辞書なんかよりも紙ですよのぉ~

「これ以上の進化は身を滅ぼすだけ」というメッセージのような気もしています。
進化することよりも、振り返って考えるべき事が沢山あるとも感じます。

けえこさん!

けえこさん!

また寒さがぶり返してますが、そちらはどうですか?
本当に今年ほど春が待ち遠しい年もないわん。こっちの寒さなんてたかが知れてるけど、東北・北海道の方たちは大変だと思う。せめてはやく寒さからだけでも解放されてほしい。切に。

またきのう新燃岳(しかしすごい名前だよね。あらためて字面を見てみると)が噴火したし、富士山まで行っちゃわないで~~とまじで願ってます。
ちかごろ日本が変な方向へ行っていたので、きっとこれだけの大きなことが起きなければもう軌道修正も矯正もできないところまで来ていたのかな、と思う。
>これ以上の進化は身を滅ぼすだけ……
それをかろうじて食い止めてもらったのかな……とも思う。3月10日までは確実に日本はその方向へ向かっていたのだから。
あまりにも大きな痛みだったけれど、でも人間ってすぐ忘れるからね。九州の原発のいくつかも、このまま休ませとけばいいものを、再稼働させようとしている人たちがいるし。
自分だって原発の恩恵を受けている身だから偉そうなことは言えないけれど、でも今より少し昔の暮らしに戻るだけでいいんだよね。それだけで随分世界は変わると思う。

出版の世界もね、もう紙媒体が下手すればなくなっていたかもしんないよね。
これを機に、また出版業界も乗り越えていってほしい。
新聞だって紙やインク不足で仮にぺらぺらになってしまってもなくならないでほしい!

3月11日直後、書くことについて無気力になっていたのは私だけじゃなかったんだなぁと気づかされます。ゆきさんが感じたこと、本当によく分かる。
「衣食住の足りた安全な場所に身を置く人間が停滞することは、驕りと怠けとの紙一重なのだな……と」というのも、ああその通りだなと思います。
イースターホリデーにロイヤルウェディングで大型連休が続くから、私もちょっと家の片づけをしようかな。そう、ロイヤル・ウェディングですよ。自分の国はまだまだ混乱の中にいて、自粛ムードが広がっているのに、自分がいる国はお祭りムード。つくづく自分は異国にいるのだなと感じさせられます・・・

michiさん!

michiさん!

今回の大震災からmichiさんの他にもブログをお休みされた方を何人か知っているのだけど、皆さん理由を推察させてもらうと、やはり、自分が書くことに意味があるのか……ということと、こんなときに書くなんて……という戒めのような良心の呵責に苛まれて……のように思います。
自分のことは置いておいて(笑)、勝手な言い分だけれど、でも自分は書いてほしいと思ってしまう。
その人たち個々の感情とか共感しつつ、でも本当は何一つ分かっていないのかもしれないのだけど、でもやっぱり書き続けてほしいと思う。
愛すべき皆さんには普通に生活してほしい。楽しかったこと嬉しかったこと、起こったことを今まで通りに発信してほしい。
それが(読んでいる)自分にとっても幸せなんだなあ。

と、今回しみじみと思いました。
だからmichiさんの復帰はすっごく嬉しい!
のんびり更新でまたよろしくお願いしまっす^^!!

ロイヤル・ウエディングもいよいよかあ~。
ダイアナさんの結婚式をテレビに齧り付いて見たなあ。
そうそう!小部屋を整理したときに数年前の「メンズ・クラブ」(ファッション雑誌ね)がぽろりと出てきて、表紙がウイリアム王子の燕尾服姿(イートンの制服)だった。
当時のメンズ・クラブはわらくし好みの池面スーツ君がそろっていたので、たまに買ってたんだよなあ。
でも今回リサイクル行き~。
式場はどこかなあ?やっぱりセントポール大聖堂かしらん?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。