新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 日々是好日。19  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是好日。19

2010 - 02/25 [Thu] - 12:12

ちかごろ驚いたこと。① カラオケ代

丁稚(上)はカラオケが大好き。
多いときは月に3回くらい行くので、それでおこづかいが足りてるの?
じーちゃんとばーちゃんからこっそり貰ってない?
それならそれでお礼を言わなければいけないので(まあ~お嫁さんは大変ねェ)
ちょいと探りを入れてみた。
(我が家は毎月のおこづかいというものをあげていない。その代わりお年玉は全部渡し、基本それでやりくりさせている。文房具や洋服はその都度買ってあげているが携帯電話は持たせていない)

「カラオケ代は1時間190円だよ」

……は?ひゃくきゅうじゅうえん?
190円ーーーーーーーーー!!??
そ、そ、そげん安かと?
しかもコーラなどのソフトドリンク類は一杯100円だという。
ということは2時間歌ってジュース飲んでもワンコインでお釣りがくるってこと?
ひええええ。

ワタクシたちの時代、カラオケは飲み屋さんに行かなければ歌えなかった。
だから一回につき3000円はいつも軽く超えていたし、カラオケBOXが出来てからも部屋代で2000円以上、一曲100円なんて頃もあったというのに……。
だからカラオケは大人の遊びだった。
仕事に疲れたOLやサラリーマンが日頃のストレスを歌って発散する場所だったのに。

ちなみに丁稚の学校ではもちろんカラオケBOXの立ち入りは禁止です。
だから丁稚たちは必死にチャリをこいで隣の市にあるカラオケBOXまで行っている。ごくろーさん。
厳しくしても結局隠れて行くようになるので、行き先とお友達さえはっきりしていればOKとしています。

そして、そのカラオケにも登場しているらしいのが……。



ちかごろ驚いたこと。② ベッキー・クルーエル

彼女のことは英国関係の情報誌で初めて知った。
日本のマンガとJPOPが大好きだという14歳の女の子。
「日本の歌謡曲に合わせて踊ってるイギリス人の可愛い子がいる」
ということで一躍動画サイトで日本人男子を中心に火が点いたようだ。
見つけた人間もよく見つけたなあ。
(日本はロリータ大国なので気を付けなさいというコメントが書き込まれるのも仕方ないだろう)

これがフランス人ならなんとなく納得なのだが、英国人でしかもマン島在住ということに驚いた。
でも彼女の住んでいるマン島はモーターレースで有名なところだし、このレースには長年ホンダが参戦していたから地元の人たちは日本人に馴染んでいる土地柄である(?)といえるかもしれない。


JPOPに合わせて、ただ好きに踊っているだけ。単なるお遊びなのだけど。

でもこの感覚は分かる。ワタクシたちが子どもの頃に一生懸命ピンクレディーの振り付けを覚えて踊っていたのと同じ気持ちだよね。
でも昔は歌手にしろダンサーにしろ作家にしろ、その道のプロになって商業媒体に乗らなければ「自分」を発信することは出来なかった。
オーディション番組だって、事前に行われる予選をくぐり抜けて、やっと映像になるのだもの。
でも現代は違う。
ブログにしても、こうして簡単に世界に向けて発信してしまえる。
それがいい時代になったのか何なのか分からないけれど、
でも外国の人から日本は嫌いと言われるより、日本が大好きですと言われた方が嬉しいのは人情でしょう。
ただその蠢くメディアの波に彼女が漂流しないようにと、おばさんは願うのです。

さてベッキーの将来の目標は、新聞の取材によると「通訳の仕事」に就きたいそう。
そのためにフランス語とスペイン語を勉強しているのだとか。
ああ良かった。
「日本の芸能界でガンバリマス」なんて言われたら、おばちゃんマン島のご両親に「やめさせなさい」と手紙を書いちゃうところでしたよ(笑)。
ピッパー・ジーみたいにはなってほしくないもの。
(ピッパー・ジー好きだったのに。ほんとに一曲で消えちゃった。)



この曲は「グリコ カフェオーレ」のCM曲で当時大好きだった。
でも……1980年代始めって……こんな感じだったっけ?

むっちゃ、勉強になった!
なんだろう、彼女の普通さと、そして
西洋人ならではの手足の長さが、アニメの
女の子みたいで、人気があるんだろうね。
それにしても ・・・ 不思議な現象!!
マン島には、姪っ子が数ヶ月、研修で行ってたよ。
もう、何年も前だけど ・・・。

蠢くメディアの波に彼女が漂流しないようにと ・・・

うんうん、本当に、そう思うよね。
どこで誰が、どういう目的で彼女の姿を
見つめているかわからない世の中 ・・・。

さらっと、この流行をやめて、勉学にも
励んでもらいたい!

と、おばさんも、思うのです。

ふふ

ごめんなさい!

名無しのごんやっこでした。

↑ ふふふ

やっこちゃん!

そうね、そうね、アニメの女の子みたい……うんうん分かるわあ。
けっきょく3次元の産物と同じなんだろうね。
商業媒体に乗ってしまうと、どうしても利益を出さなきゃいけないからね、その辺りがおばさんが危惧するところよ~。
ネットでお友達の内輪同士で盛り上がるだけで終わっていれば良かったのにね。
宗教もだけど、必ずもうけ主義の大人が出てくるから、ほんと芸能活動はほどほどに(笑)お願い!

ごんやっこちゃん!

ほっほっほ!すぐにやっこちゃんだって分かったわよ~ん。
粗忽の血でつながってるからね~わたいらは♪ビバ!ソコッツ!!

そうそう少し前にエディンバラの記事をひとつ仕入れました。
ずっとアップし損ねてたけど近日中に書きま~す^^。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。