新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ごあいさつ > 日々是好日。14  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是好日。14

2010 - 01/07 [Thu] - 10:26

あけましておめでとうございます!

って、もう七日も過ぎてから……って感じですが。

昨年中は一方ならぬご好意を賜り、大変、大変お世話になりました。
ぺこり。
いつも不義理(読み逃げ)ばかりで申し訳ありません。

現在、妄想モードに突入中ですので、今年の六月あたりまで
一方的な私信ばかりになりますが、
これからも、どうぞよろしくお付き合い頂ければ幸いです。


さて、
こうして日本はもとよりスコットランドだろうが、どこだろうが
世界中に一瞬で繋がる状態が「あたりまえ」のありがたい世の中になりました。

1月6日付け読売新聞の編集手帳より、そんなインターネットの功罪ともいえる、ちょいと面白い記事が載っていましたので、以下抜粋してご紹介します。



もてる男の十か条が落語「いもりの黒焼」に出てくる。
一見栄(いちみえ)
二男(におとこ)
三金(さんかね)
四芸(しげい)
五精(ごせい)
六おぼこ
七ゼリフ
八力(やぢから)
九肝(きゅうきも)
十評判(とひょうばん)

このうちひとつでもあれば、何とかなるらしい。
「見栄」は身なり、「男」は顔かたち……という。
なるほど、身なりが真っ先にくるのね―――と、ブラウンさんの溜め息が聞こえてきそうである。
男性向け総合誌『GQ』英国版が、今年の「最もダサい男性」に英国のブラウン首相を選んだ。
北朝鮮の金正日総書記(8位)も寄せつけぬ首位で、ネクタイの趣味が決め手になったという。
写真を見る限りはそうひどいとも思えないが、服装に一分のすきもない紳士の本場で、比較対照の水準が高いのはお気の毒である。





ネットの普及のおかげで、世界中の事件や出来事が新聞でもすぐに読める時代になりました。
まさかブラウン首相も日本の田舎に住む主婦にまで、
自分のダサさを暴露される日が来るなんて思ってもいなかったでしょうね。
……ほんとにお気の毒です(笑)。

やっぱり英国紳士の基本はタイにあり…ということでしょうか。
いぜんレジメンタル・タイやクラブ・ストライプの本当の意味を知ったときは感心しました。
「プリーズ・ジーヴス」でも、ジーヴスがご主人さまのタイに腐心する様子が描かれていますし、日本人が仕事のために首から下げている代物とは似て非なるものなのですね。


今年もこうしてネットができる環境に恵まれ、感謝しています。
「だらだら使わない」(←今年こそ)
「きちんと有効活用する」(←今年こそ)
ということを念頭に、今年もネット生活を楽しみたいと思います。

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。