新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 英国 > はちみつは都市の味。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はちみつは都市の味。

2009 - 08/10 [Mon] - 10:47

bee
”日本と同様、ミツバチの減少が深刻化し、農作物への影響が懸念されている英国で、ミツバチの数を増やそうと、政府機関が市民らに養蜂への参加を呼びかけている。
都市生活者の関心を呼ぶため、カラフルで初心者にも扱いやすい巣箱を発売。
バルコニーに設置できる大きさで、年間約20キロの蜂蜜が採れる。
都市部には様々な種類の花があるため、養蜂家が作る一般的な蜂蜜より、複雑な味が楽しめるという。”
(読売新聞 地球ONーLINEより)

bee2
bee3
bee4

こういう商品を作って売るところは、さすがガーデニング大国らしいといいましょうか。
でもこれからの未来は、どんどん自給自足の精神が高まっていくのだろうと思います。
お庭付きの一戸建てでなくても、フラットの屋上で出来るというのだからすごい。
ただ装備を考えると気軽に…とも思えないけれど(笑)日本より英国の人たちには受け入れられやすいかも。

英国では、はちみつの価格も過去18カ月で約60%上昇し、 大胆な盗難事件も相次いでいるのだとか。
スコットランドの西ロジアンにある王室所有の養蜂場から50万匹のミツバチが巣箱ごと持ち去られたというし、英国での過去数カ月間の被害総額は、数千ポンドに上ると報告されているそうです。

我が家の周りでも確かに蜂を見かけることが少なくなっているように感じます。
以前はよく軒先に巣を作られたりしていたのにな。

コレ欲し~~~

その前に設置出来る住宅に暮らさねば…

ミツバチが減少っていうニュース私も見ました~
それなのに私とわんさってば数年前、ミツバチに刺されたんですよねぇ。
わんさは子犬の頃にパクッとやって…
私は落としたカメラを探していて、密を採取中のミツバチを踏んでしまったようで、かかとをチクッと…
「いででで~」って思いながらも、ミツバチは刺すと死んじゃうから本当に申し訳なかったと弱っていく蜂に「ごめんよぉ~」と謝りました。
私とわんさが貴重なミツバチを…(滝汗)
あ"… それゆえに↑の養蜂も無理かも…

びっくりした

ゆきさん

驚きました。
実は、ここ何日も、いろんな情報を集めて、
ミツバチのことを書こうと思ってたの。

英国では、ミツバチが、激減してる。
それは、他の国では危険だからと、禁止にもなった
肥料(?)が英国ではいまだ使い続けられているからで、
それによって、結局、ミツバチが命を落としてる。

環境保護の観点で、ミツバチの数の激減は、
とても注目されてるんですよね。

土にはミミズがいないと、土が肥えない。
地上では、いるべき虫たちが、ちゃんといないと、
木々や草花が栄えない ・・・。

やっぱり、自然の仕組みの中で、何ひとつ、
不必要な物は ・・・ ないんでしょうね。

ゆきさん。

ありがとう!!

けえこさん!

>わんさは子犬の頃にパクッとやって

ひゃ~~痛かっただろうなあ!お口の中を刺されてしまったの??
ワタクシも子供の頃にかかとを刺されました。
部屋でお人形遊びに夢中になっていて、ちくっとしたなあ…なんて思っても気に留めなかったんだよね。
そしたらお尻の針のないミツバチが足の横に、ころり…と落ちていて。
まさか部屋に入り込んでるなんてね。可愛そうなことしました。
実家は国道の交差点沿いに建ってるので、始終車の騒音がうるさい家なんだけど、そんな家の周りでもミツバチは飛んでたんだよねえ。
それを考えると今は実家よりはるかに緑の多い土地に住んでいるのに、ミツバチを見かけないなんて…。

この巣箱「ビーハウス」っていう名前らしいんだけど、大通公園あたりにちょいと設置してみない?
お花いっぱい咲いてるよね!けっこうイケるかもよん!(こらこら)
それともルーフバルコニーつきのマンションに引っ越しちゃう?引っ越しちゃう?
ドアに「Cooんさ養蜂研究所」なんてステッカーを貼ってさあ~んでけえこさんは白衣を着て、んでね、んでね…(←妄想エンドレス)。

やっこちゃん!

ミツバチの減少については病気だとか、ダニだとかとも色々と言われているよね。
肥料の問題についても(狂牛病もそうだったけど)人間が人工的に営利目的で作ったものには必ず弊害が出てる。
自然を自然のサイクルに任せる…昔は当たり前だったことが今は、その自然なことが出来なくなってる。
いつだって、こんな小さい生き物が犠牲になってしまうんだよね。
そして小さいからこそ見向きもされない。
自分だって、ニュースになってからミツバチを見かけないことに気付いたクチだもん。
偉そうなことはいえないけれど、自然の力を読み取る優れた五感を日本人は持っていたはずなんだけれどね。
それは英国の人たちも同じだったと思うけど、現代人は全てに麻痺してしまってるんだろうな。

やっこちゃんのミツバチのお話。ぜひ書いて!

ミツバチ

私もハチミツらーとして、かなり注目しているんだけど、自宅でハチミツねぇ。ほっほう。

こないだテレビで観たのは、何十年も養蜂をやってる人もこんな事態は初めてで、蜂の減少のはっきりとした原因も結局わからないんですってね。
やっぱりゆき姉ちゃんが書いてるように、人工的に大急ぎで成長させたりするのってどこかに歪が生じるんだと私も思うわ。ゆったりと本来持って生まれたペースで成長させるのが一番自然に添ってるよね。

田舎じゃないと養蜂はできないかと思いきや、オペラ座の屋上で養蜂が行われててオペラ座印のハチミツが売られてたり、東京でも永田町や銀座でも養蜂が行われてるらしいんだよね。(皇居があったりして花が豊富なのかな)

金魚ちゃん

携帯の待ちうけにいただきっ!

とってもお久しぶりです、、、

フラットで蜂を・・・なんて、ものすごいことを考えるのね。
でも、日本と違って英国は都市部でもお花がいっぱいだし
こういうのも成り立つのでしょうか。

日本でもミツバチが激減して大変なことになってるから
どこか外国から輸入するって話も出てますよね?
ミツバチもとんだ迷惑。

何だか自然に逆らってる気がします・・・。

あきちゃん!

遅くなってごめんね~。
ちょいと一昨日からばたついておりました~。

今は何もかも自然のサイクルが狂っているから、もうこれ以上おかしなことにならないように祈るばかり…。

自宅で養蜂…すてきじゃない?
ちと人間の装備にお金がかかりそうだけど、「あき印」のピュア・ハニーよん!
前庭にちょいと設置してみないかい?ふっふっふ~。
これって、ハチミツを頂戴するだけでなく、ミツバチを増やすこともできるんだよね?
あ!オペラ座のハチミツ!
知ってる知ってる!以前「世界ふしぎ発見」でオペラ座特集のときに見た見た!
一番人気のおみやげなんだってね~。

>東京でも永田町や銀座でも養蜂が行われてるらしいんだよね。(皇居があったりして花が豊富なのかな)
えええ!ほんと!それは知らなかった~~。
どこで買えるのかなあ。食べてみたい!
そういえば、この前やっと「崖の上のポニョ」を見たんだけど、ハチミツ入りのミルクティーを飲むシーンがあったんだよね。
ハチミツとろ~りで、うんまそうだったあ。

あきちゃん!2

おおどうぞどうぞ!
この金魚ちゃんはワタクシもお気に入りなんだ~。
涼しげでまことによろし^^。
制作者さまに感謝!

Gonちゃん!

やっとお盆休みに突入ね!
おつかれさま!!
ゆっくり過ごして疲れを癒してねん^^!

フラットで養蜂…ってところが何かすごく英国らしいよね。
日本人の感覚ではないよね。
というか、日本では「刺されたらどうするんですか」とかって、すぐクレーム付ける人が現れそうだわん。隣の部屋の人とか(笑)。

えええミツバチを輸入!?
やめて~~!!日本には日本のミツバチが一番よお。
ねえ!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。