新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 門司港レトロ地区。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門司港レトロ地区。

2009 - 06/02 [Tue] - 20:15

P5260056_20090602102755.jpg

北九州にある「門司港レトロ地区」へ行って参りました。

(画像多いです。表示されるまで時間がかかるかもしれません)


高速道路を2時間ぶんぶん走って門司港に到着!

門司港レトロ地区とは、
JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に
整備した観光スポットのことで、他にも昔のビール工場などが残る赤煉瓦地区
などもありますが、今回は門司港駅周辺に絞って回りました。

P5260038.jpg
まずは「旧門司税関」から。
P5260044.jpg
P5260041.jpg
煉瓦部分は1912年に建てられた当時のもの。白い部分が修復された部分です。
中は観光案内所や喫茶店、税関らしく密輸で摘発された商品の展示などもありました。
P5260042.jpg
税関職員の徽章。制服好きのため見逃せません(笑)。
ガラスに反射して何やら写っております。

P5260050.jpg
国際友好記念図書館。
P5260054.jpg
アールヌーボーのタイルがお出迎え。
1階は中華レストラン。2階から図書館になっています。
広くはありませんが市民が普通に利用できる図書館です。
P5260052.jpg
こんな洒落た図書館なら毎日通いたいゾ。
P5260048.jpg

m1
「ブルーウィングもじ」と名付けられている「はね橋」。
現在は船が通ることはなく、観光用に日に6回開閉します。

P5260060.jpg
門司港は「バナナの叩き売り」発祥の地。
バナナマンが門司港の平和を守っている。らしい(笑)。

P5260062.jpg

41d4d1ec95c4bf37bd3659cead665371.jpg
怪しいです。


P5260065.jpg
旧門司三井倶楽部。1921年築。
2 階は1922年にアインシュタインが宿泊した部屋を当時の状態で展示してあります。
「放浪記」で有名な作家、林芙美子資料室も。
P5260070.jpg
港町らしく玄関には船のステンドグラスが。
入って左側はレストランになっています。

P5260073.jpg
JR門司港駅です。1914年築。
大正浪漫な雰囲気はまさしくレトロ地区の中心地。
P5260074.jpg
ちょうど12時。おなかも鳴ります。ぐぅ。
けれどちょっとがまんして駅舎内を見学。
P5260077.jpg
切符売り場。

P5260078.jpg
待合所。

P5260080.jpg
駅長室。

P5260081.jpg
駅事務室・忘れ物係。

P5260079.jpg
1914年当時の門司港駅。駅舎2階の展示室で。

さあさあ次はお楽しみのごはん♪です。
門司港は「焼きカレー」発祥の地。
うっ美味しそう!
門司港茶寮というお店で名物焼きカレーをいただきました。
moji
お店によってカレーの種類は色々ですが、
ビーフカレーの上にたまごをのせてチーズをかけてオーブンで
焼いたものが基本形のようです。
要はカレーグラタンですね。チーズがとろ~り熱々で美味でした~。
(偶然にもこの日の夜、美川憲一がTVで焼きカレーを食べてました。
中目黒に美味しいお店があるそうですよん。たまごをのせるのは門司独特?)

P5260086.jpg
旧大阪商船門司支店 1917年築。
2階はイラストレーターのわたせせいぞうのギャラリーがあります。

P5260091.jpg
ホームリンガー商会。
E・ホームとF・リンガーが設立した英国・スコットランド(!)系の
会社だそうで、船舶貨物の検査や海上保険のロイド船級協会の
代理店の事務所として今も使われています。

P5260096.jpg
閉じたはね橋の上で。
旧門司税関と国際友好記念図書館が見えます。
高い建物はマンションで、31階が門司港レトロ展望室になっています。

P5260094.jpg
関門海峡に掛かる関門橋。海の向こうは山口県。
観光地図を見ていると、この関門橋のすぐ近くに関門トンネルの人道入口が
あるではありませんか。
海の底に歩いていけるトンネルがあるのは知っていましたが、こんな近くにあるとは!
土木マンの旦那はんは興味津々。
駐車場に戻って車に乗り帰路変更です。

mojit.jpg
人道入口にあるエレベーターです。
これに乗って地下(海面下)58メートルまで降ります。(画像は観光サイトさんより借用)
通行料無料。(自転車やバイクは押して通行できます。その場合は20円かかります)
地上の入口は誰もいなかったのに地下には数組のウォーキングをする人たちがいて
びっくり。
ちなみに徒歩で下関まで約17分だそうです。
夏は涼しく冬は暖かい海の底のトンネルは格好のウォーキングスポットのようです。
紫外線も関係ないしね…。いいなあ。
P5260099.jpg
数分間てくてくと歩き…。
P5260098.jpg
はいっ福岡県と山口県をまたいじゃいました~。
P5260100.jpg
脚も疲れていたので、とりあえずここでUターン。
下関上陸は次の機会に…。

P5260083.jpg
バナナマンの見守るお土産物やさんが並ぶ通りで。
めんたいこ抱えたねこさん。

「また来いニャ」。

めかり展望台、トロッコ列車は?

「トロッコ列車」の乗車や「めかり第二展望台」には行かれませんでしたか?

観潮遊歩道を歩くと一番の関門海峡らしさが楽しめますよ。

路地裏散策も楽しいですよ。

いやぁ、良いですねっ、良いですねぇ~
歴史ある建物や風景もさることながら、旦那さんとのデート!
ゆきさんの写真の取り方に愛を感じますなぁ~
(なんか私、オッサンぽいぞ… 汗)

それから、このトンネル良い!
犬もつれて入って良いなら、夏場の良いお散歩スポットになるのにねぇ~(すぐにこんな発想ばかり…)
海の下をお散歩だなんて、なかなか出来ませんぜっ

PS:おお~「認証用キーワード」が1234だぁ~~~

いやーん。何回目のハネムーン?

メチャメチャラブラブデートですやん!恋愛?・・・めんどうくせっ。なワタクシもこれはうらやまぴーん。
(嗚呼。とうとう一番言ってはならない言葉「面倒くさい」を言ってしまった)

それにしても、なんて素敵なマダームe-407e-408e-339
脚線美も麗しく、お召し物も愛らしく、花のような顔(かんばせ)で...うふ~ん。

旧門司港税関(門司ってなんて読むんだろうって思ったら、英語でmoji customsってある 親切 笑) の中の煉瓦の写真に写ってる...なんつーの?ゆき姉ちゃんが摑まってて 「えさをあたえないでください」 って横に書いてありそうな・・(ばしっ!ぐえっ!) ・・・あ、しつれーしましたー。手すり?手すりっていうの?鉄製でウニョウニョしてるやつ。
あれが素敵ー。かわええー。あんなん、好きーーー。

ガラスに反射して写ってる某夫婦もしゅてきぃ~。あはーん。

Sunflower-man さん!

ようこそ!いらっしゃいませ。

Sunflower-man さんは北九州の観光案内のサイトを主催していらっしゃるのですね。
こんなへぼへぼなレポにコメントくださってありがとうございます!^^。

>「トロッコ列車」の乗車や「めかり第二展望台」
はい、残念ながらそちらの方へは行っていません。
中心地以外では、ホームリンガー商会の裏にある大連通り?を少し歩いただけです。
広々と視界が開けてキレイで良かったです。
絶好のお散歩みちですよね~。
路地裏の方にもかなり惹かれたんですが、時間に制約のある悲しい日帰りなので。
でもまた次に訪れるのが楽しみになりました^^。
次は一泊できるといいのですけど…。

けえこさん!

門司はきれいな街だったよ~。
都会的でもあるし、懐かしい情緒もあるしね。
(もしかしたら北海道の小樽と似たような感じかも?いや行ったことないけどね・笑)

旦那はんはねえ、こっちからここの写真撮ってって言わないと実は全然撮ってくれないんすよ。
彼が自発的に撮った写真は関門橋の写真だけ。
仕事柄か、オシャレな建物より橋とかに興味が行くみたいっす。


>このトンネル良い!
そうなの~わらくしもすっごく惹かれたわ。近所に住んでたら毎日ウォーキングに通うわよ~(笑)。雨も関係ないし…うらやましい。
(ペットはどうだったかなあ?たぶんダメだった気がする)
トンネルに至るまでの道もね、キレイで良かったよ~。
右は山手、左はずっと関門海峡の海を眺められるの。

1234!
おお~そういう並びのときもあるんだ!今日はいいことあるかも!かも~。^^。
(ちなみにわらくしは8234…つまらん)

関門トンネルが近くに欲しいあきちゃん!

そうよねえ~みんな欲しい(笑)って思うよね!
実は人道トンネルの上を車が走るトンネル(これも海中ね)があるのよ。
よ~造ったなあって感じ!いったい何年かかったんだろうね?(←こういうとこに土木マンの虫がうずうずするらしいわ・笑)

画像はね~顔にモザイクかけようかとよっぽど思ったんだけど、ま!そうでかく写ってないし、いっかあ!でアップしてしまいまひた。
(しかもわらくしがミニ履くと丁稚に甚だ不評だす。年齢を考えろとか言われちゃう。だから丁稚がいないときに履くのさあ!はっはっは)
恋愛がめんどくさいって?
そりゃ~いまあきちゃんには追っかけてる殿方がいますから!
うふふふふ~~当たるといいね!めざせ!全国制覇!オー!!

あちゃ門司の読み方わかんなかったかあ。
そうだよね、そうだよね特に地名はその地方独特な呼び名が付いていたりするから…普通に読んだら「もんじ」だよね!(笑)。
そうこれは「もじ」と読むのだ~。
まだフグとかで有名な下関(しものせき)の方が地名の認知度は高いかも?

あの黒いうにょうにょな黒い柵?はね~飾り窓?というかパーティション?みたいな感じで昔使われていたのを、あのスペースに移動してあるみたい。
当時はすっごくハイカラな建物だったんだと思うわ。
吹き抜けの朽ちた煉瓦がもう何とも言えず良い感じでね~。
「えさをあたえないでください」
ってよく分かってるじゃん!さすが妹よ!もうこのときから実はお腹が減ってたのさ!
目の焦点は眼下にある「レトロ喫茶室」のケーキに向いているのだ~ふぉっふぉっふぉっ。
食べられんかったけど…くぅ。

あれ?お姉さま?

ご存じなかった・・・?
貴女のブログの写真(最近のものね)は、クリックすると、画面いっぱいに広がるのよ?
しかも、それを更に拡大できるという...いやーん、あき、うれぴぃ♪みたいな。
PCから離れてもよく見える~♪みたいな。

サーヴィスかと思っていたわぁ...違うのね。

あきちゃん!

えっ……。


えっ……。

(くりっく・くりっく)

……。

ぎゃあああああああああああ!!!

し、知らんかった!
お、おそろしかあ!!

あれ?いつのまにこんな設定になったんだべか???
……いまからでもモザイクかけるべき?
……あ~でもなあまたアップロードし直すのめんどいなあ。

いいや。(←いいの!?)

よかよか!

追われてるんじゃないかぎり(誰に?)、美女は大放出が世のため、私のためっ♪

もしかしたら、PCをリニューアルしたあたりからだったかな?去年の6月、旦那はんと行った宮崎の旅もそうだったから、私はルンルンしながらクリックしたもんだけど...

あ。ちなみに、加工した写真は小さいままなのがちょっち残念。たとえば、焼きカレーとか。グラサンお姉さま、とか。ぷぷぷ

あきちゃん!2

いやいやほんまの美女ならのぅ…年寄りを喜ばせんでくれぃ。のぅあきさんや…。ぽっ。
って、思わずどっかのじーちゃんになるところだったわん!

このPCのせい??あ~でもそうかもしれない。
いぜん玉木くんのミスドの動く画像(スライドみたいなのね)を拝借したときも、普通に右クリ・コピーしただけなのにちゃんと取れちゃったもんなあ。
(以前のPCだったら取れなかった)

グラタンの画像も拝借なので、その大きさのままなんだよね。
加工してるのは一度Gooブログの方でアップロードしてからお絵かきしたものを更にコピーしてこちらにアップしてるんだ。
手間かかるけどFC2は画像のお絵かき機能がないんだよね~。

ゆきさん、可憐だわ~。バレエをやっているだけあって、足もすらりんとして美しいし・・・ミニスカートが似合ってますわ。ほんと、写真から旦那さんの愛が伝わってきます♪

九州、本当に素敵なところがたくさんあるんですね。旦那さんがお時間があるうちに、こういう素敵なところでたくさんデートしておくのもいいかも!

michiさん!

か…か、かかかかか、(←キンチョールのCMではありません)かか、かれん?かれんんんですとう~~~~~~~!!!
はえ~ほえ~はええ~~~。
……ぱたっ。(←嬉しさのあまり失神)笑!!


むくり。(←あっ復活したっ)
門司はなかなか良いところでしたよ♪
自分の持っているイメージではもっと工業都市のような感じだったんですけど、港のある街は素敵でした~♪
実はこの数日後に熊本の方へ行って来たので、また近いうちにアップしますね^^。
たぶんお出かけレポートはこれでしばらく終わりになると思うのですが…。

そうそう以前michiさんのところに書いたスーザン・ボイルさん!
彼女日本のメディアでも出まくりでした。
でも残念ながら1位にはなれなかったんですよね?収録直後、精神に異常を来して入院した…って新聞に載ってましたけど(週刊誌じゃなくて新聞だもの。すごいな~)ぷつっと何か切れたのかもしれませんね。すごい騒がれようだったし…。

蛍の頃となったのですね★

やっと戻ってまいりました、ネットに!♪
写真も見られるワン、携帯からだと写真が見られなかったです。

ゆきちゃんしゅてき(はーと)
素敵なおデートですわね♪
そして素敵な場所。夫婦水入らずで訪れるにはムードがあってよい場所ですね♪

洋館がゆきちゃんのイメージにとても合っています。
楽しそう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

shizuちゃん!

おかえり、おかえり^^。
びば!ねっと世界!よね~。
でも携帯でサクッと更新…というのも良かったよお。
ほんとに日常の一コマを切り取ったという感じで、普段のしづちゃんの生活が垣間見えて、毎日のチェックが楽しみだったわ~♪
(え?携帯だと写真見られないんだ!そういうものなのかな?それともワタクシの設定がおかしいのか?自分が携帯でネット見ない派なんで、パケ放題のプランに入ってないんだよね~)

北九州は工業都市のイメージが強くて、でも実際行ってみると港の風景は良かった♪
もうね、十数年分のデート(がっはっは!)をまとめて消化してるって感じですわ~。
なにより平日に動けるのが楽ね!(笑)。

鍵コメちゃん!

さっそくのコメありがとう!!
毎日もうバタバタしてるんじゃなあい?
身体に気を付けんといかんよ!過信はイカンば~い。

こちらこそ久しぶりに生声が聴けて嬉しかったわん!
どうぞどうぞ「妻たち」(笑)にどんどんまわしてくだされ~。

ワタクシもいつまでも燻ってちゃあイカンよね。
次に会えるときは何がしかの実績(?・笑)を果たしてから、堂々と会いたいわ!
カモン九州!と言いたいところだけど、ちっと遠いからなあ><。
やっぱりBの付くところかしらあ?ほっほっほ~。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。