新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 泣くのにも気力と体力がいるのだ。~マリと子犬の物語~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣くのにも気力と体力がいるのだ。~マリと子犬の物語~

2009 - 05/12 [Tue] - 16:56

ちかごろトシのせいなのか涙腺がゆるい。
めちゃくちゃゆるい。
泣くようなシーンじゃなかろうたい!と自分につっこみいれてもジワリとくる。

バレエの発表会で小さな子が踊ってる(←丁稚ではない・笑)微笑ましくも可愛いシーンを見て涙がにじみ…TV画面の病気と闘う人たちや、全く知らない子供のお使いでジワ~とくる。

でも泣くのって結構きつい。
目は充血するし、鼻水で呼吸困難になるし、泣いたあとは頭がボ~ッとして自分自身が使い物にならなくなる。
(泣いたあとの夕ご飯作りって酷ざんす)
ちょっとじわっとしただけでも目が真っ赤っ赤になるので、「いかにもワタクシ泣きました」顔になるのがまた嫌。
更に一緒に住んでるお義母様がその顔を見てギョッとした顔をするのがもっと嫌。
いちいち「これは映画を見たからで~決して、決して日々の生活に不満があって泣いたのではございません~~」と説明しなければならなくなる状況が、ああ嫌。

てな訳で「これは泣くかもしれん」と予想できそうな映画や小説は確信的に避けてきたのだけれど…。
観てしまいました。
「マリと子犬の物語」
koinu.jpg
(↑前置きが長いです)

新潟中越地震に襲われて壊滅してしまった新潟県の山古志村で起こった実話を元に映画化されたもの。
石川家の愛犬・マリが3匹の子犬を産んでまもなく、M6.8の直下型地震が発生してしまう。
道路が寸断されてしまった為、村人全員が自衛隊のヘリで緊急避難。
動物たちを連れて行くことは叶わなかった。
人がいなくなり荒廃した自然の中、子犬たちを守り抜くマリ。
続く余震に怯え、村に帰ることは許されない状況で石川家の子供たちが取った行動とは…。
003.jpg
もう物語の中盤から涙がぼろぼろ。
特におじいちゃん役の宇津井健が、倒壊した家屋の下敷きになり必死に孫娘を庇いながら
「おかあさん(息子のお嫁さんのこと。もうすでに他界している)守ってやれなくてごめんなあ」
と悶絶するシーンでMAX泣き。
004.jpg
旦那はん(そう旦那はんも観たのです)と一緒にBOXティッシュ1箱使い切るかと思いました~。
(このあと、泣きすぎて頭痛…あほ。)

山古志村は新潟県の中でも一、二の豪雪地帯だそうで…。
すばらしく美しい村の風景もこの映画の見どころのひとつです。
season2.jpg
tanada2.jpg
season3.jpg
tanada4.jpg
(山古志村HPより)

しかし旦那はんが泣いたところを目撃したのはこのときが初めてだったかもしれない。
……旦那はんもこういうのも観て泣くトシになったんだなあ……。

見ちゃいましたかぁ…

私は、当時新聞に載ったマリちゃんの写真をネットで見て、強烈に焼き付きました。
「絶対死んでも置いて行かないぞっ」って堅く思いましたね。
1枚の写真だけでもそんなんなのに、この映画を観られるわけもなく…
美談で片付けるには、日本の体制的に惨いものがあるようにも思えますしね。
裏切られた…とか恨み辛みも思わずに、ひたすら生きることって、人間ではなかなか出来ませんしね。(あ、ほら、これだけでもウルウルだし…笑)
でも実際のご家族とマリちゃんも今はハッピーに暮らせているのが救いです。

あと余談ですが、今日美容院で雑誌を見ていたら、広島カープのベースボールドッグのミッキーの最後のエピソードが載っていて、鏡に写る変な頭をした自分を見て気を紛らわせて、涙を必死に堪えてました。(笑)
ほんと頼むぜ涙腺!って時ありますよねぇ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

けえこさん!

うんうん見ちゃったのよお。
そうなのハッピーエンドだったからまだ良かったものの、ワンと暮らしてるけえこさんにはちょっと切実すぎて辛いかも。

予想通り泣けて泣けて、もうその日の晩ご飯作る気力も思考力もなかったばい。
でも作らにゃいかんのがつらいトコロ。
大人になるとさ、いろいろとキツイ(くたびれる…と言った方が近いかな)思いするって分かってると無意識に避けて通ってしまうよね、いろんな経験から。
ワタクシの場合は「泣く」ことがまずその一つかなあ。
結婚式とか泣いても可笑しくない場所だといいんだけどね。
スーパーで買い物中に、ふと映画やTVのワンシーンを思い出して、きゅうり握って涙を拭く…なんてもうやめてくれ自分!!って感じ(笑)。出先で化粧を落としたくないわん。けけ。

けーこさんは美容院でキちゃったのね?
あはははは~~それもねえ~~困るよねえ~~「どうかされましたか!?お客様!」なんて言われちゃったときのアタフタ具合が想像できるところがまた可笑し悲し(笑)。
ほんと頼むぜ!涙腺よ!

>広島カープのベースボールドッグのミッキーの最後のエピソード

え?このお話は知らない!ちょいと検索してみよう~。




鍵コメちゃん!

いいのよいいのよ~~。
もしかしたらお出かけ中かもしんない…って予感しながらも送ってしまったの。
だから気にしないで!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ううん、ううんこちらこそいつもいつも「愛」を頂戴して幸せな気分に浸らせてもらっています^^。

(あ、お手紙に低農薬と書いていたけど「無農薬」がホントです!間違えてた~)

はやくリアル鍵コメちゃんにワタクシも会いたいのだけど~~~。
でも、もう日本の空港にS国から台風が上陸しそうだし!
にぎやかになりそうだね!
どうぞ楽しんでね^^!!

ゆきちゃんおひさ♪
元気だった~?
元気だね(笑)

これね・・映画はみれなかったけど、映画化される前の絵本買ってビービー泣いた。
ほんとチロ居るし、震災とかの時にその場所に置いて自分達だけ移動できるか・・
むりっすよ(泣)
家族だと思ってる子達を置いてく事出来ない!
自分も一緒にいる!って思っちゃう。
でも・・そんな気持ちがあってもその時の状況で張り裂ける気持ちで置いて行かなければならなかった・・めっちゃ分かるから絵本でビービー泣いた。映画見てたらどうなってたかな。。
いつも何かあった時人間はある程度守られる。
でも他の動物達は?
そう思うと何かあるたびに切なくなるよ。
そっかぁ~☆2000人に一人の旦那はんと見たんだね♪さすがゆきちゃんの旦那はんだなぁ~♪貴重な涙だ。。

タカピョン♪!

そうそう原作になった絵本とか色々と出てるんだよね~。
ワタクシも新聞記事でこのマリのことは読んだ覚えがあったの。
タカピョン♪!のように、ワン(に限らないけど)と暮らしてる人にはホント切実すぎて、感動をありがとう…なんて言えないと思う。逆に辛い映画だと思うわ。
けーこさんも書いてくれているように、「良かった良かった」だけでは終われない一面があることも確かなんだよね。
ハッピーエンドだったのが救いです。

この映画見たいって言ったの旦那はんの方だったんだ~。
なんかお互いね、しみじみしたよ(笑)。結婚して丸17年もたっちゃった。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。