新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 私の上に降る雪は…。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の上に降る雪は…。

2009 - 01/13 [Tue] - 17:08

雪が降りました。
P1010160_20090113134622.jpg
家の周りもまっしろです。
元旦の日も少し降りましたが、積もるまで降ったのはずいぶんと久しぶりのような気がします。


こんな雪景色を見ると必ず思い出すのが、高校の修学旅行(スキー)で訪れた長野の宿泊先で従業員の方が
「九州って雪が降らないんでしょう。あなたたちも雪を見たのは生まれて初めてなんじゃないの?」
と言われ、友達と(普通に降るよね…)と顔を見合わせたこと。
東北の人にとっては九州というと、どこでも沖縄のようなイメージなのかもしれませんネ。

雪がほろほろと落ちる中を、当番の交通安全指導(横断歩道の黄色い旗もちおばさん)に出かけました。
幸いにも風がなかったので思ったより辛くありませんでした。
雪には消音効果があると聞いたことがあるのですが、通勤の車はどんどん通ってゆくのに、ひとり横断歩道の脇に立っていても不思議と静かなのです。
ほろほろと落ちてくる雪に遮られるように…。

黄色い旗を脇に抱えた帰り道、この有名な詩を思い出していました。

私の上に降る雪は
花びらのやうに降つてきます
薪の燃える音もして
凍るみ空の黝む頃

私の上に降る雪は
いとなびよかになつかしく
手を差し伸べて降りました

私の上に降る雪は
暑い額に落ちくもる
涙のやうでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して 神様に
長生きしたいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞節でありました
(中原中也「生ひ立ちの歌」より)


P1010161.jpg
天水家の寒椿も雪化粧。
でもお昼前にはすべて溶けてしまいました。
やっぱりここは九州ですな。

わかるー

東京の私も思うもん。
んで、きゅーしゅーの気温とか積雪とか聞くと、「お?東京より寒い...?」って思っちゃうの。毎年、思っちゃうの。

きゅーしゅー=南国(東京よりも) っていう大雑把なイメージが脳みそに刷り込まれちゃってるのね。 
きゅーしゅー全部が鹿児島の気候じゃないっつーの。

あきちゃん!

そうそう九州っていうとやっぱりそんなイメージだよね。
どこでもフェニックスが植えられているような?(九州人の九州に対するイメージ・笑)
でも寒いのはやっぱり東京の方が寒いんじゃないかなあ。
(おとといの12日かな?皇居周辺だけ、みぞれや雪が降ったって聞いたよ)
ここは特に福岡の中でも雪はめったに降らない地域だしね。
なのでついつい写真を撮ってしまったわ。
まだ薄暗い中に白~い雪がほわほわと落ちていてね。
雪明かりというのかしら、すごく幻想的でついつい詩人になってしまったわ。
他人様の詩だけど(笑)。
こんな調子でけーこさんのとこを覗いたりしちゃうとレベルの違いに(笑)改めてびっくりよん(笑)。

ええ、ええ!

ピンポイントでみぞれ→ひょうにぶち当たったアキでぇす。
わたしは新橋って駅にいたんだけどね(サラリーマンのメッカ?)

こっちは30分で止んだんだけど、そっちは積もったんだもんねぇ。

あきちゃん!2

今あきちゃんとこ行って記事を読み返してきちゃったv
まあまあまああれは新橋駅でのことだったのねえ~寒かったろ~。

(↓トンデモ話だと思って聞いてくり)
ちょうど雪やみぞれが降ってた間、皇居上空で大捕物が起こっていたらしいわ。
何でも女性に悪さをするモノが退治されたとか…。
雅○様 元気になって欲しい。

私の上に ・・・

私の上に降る雪は ・・・

抱えきれない思い出を
長靴の上に積もらせるのでした

っと。

ふふふ

確かに、九州って言うと、南に位置するってことで
大陸なんだけど、冬でもあったかいような気がするよね。
雪なんてとうてい、降らないって思えたりする。

エジンバラが、緯度的にモスクワと同じなのに
冬でも飛騨なんかに比べると断然、暖かいのも、驚いたよ。

雪が降るって、とっても嬉しい。
やっぱり冬は、雪の上を 歩きたいなぁ ・・・。

ゆきさんの上に降る雪は?

やっこちゃん!

あああ飛騨…奥飛騨慕情~。
飛騨ではきっと雪が積もってるね!
こちらの雪とはレベルが違うからなあ。
あの白い白い風景には圧倒される。ほんとに真っ白だもんねえ。
こちらではすぐ溶けちゃうから、すぐに灰色の雪になっちゃって…つまらん。
近所の子供たちは学校に行く途中でさっそく小さい雪だるまを作って抱えてる子もいたよ。
雪が降るとは言ってもやっぱり珍しいものには変わりないかもネ。
エディンバラって雪が降らないんだよね?
あんなに寒いのに(笑)。
暖かいと言ってしまうやっこちゃんと比べると、やっぱワタクシは九州人なんだなあ(笑)。

そうそう長靴と言えば…。
やっこちゃん「わらぐつの中の神様」ってお話知ってる?
小学校の国語の教科書に載ってたんだけど。
雪国の子のお話で、
遅くまでスキーをしていたからスキー靴がびっしょりになって、まだ乾かない…昨夜のウチに新聞紙を丸めて入れておけば良かった…なんて主人公の女の子が後悔するくだりを何となく覚えてたんだよね。
やっぱり九州との違いが印象的だったのかも。
そうしたら丁稚が宿題で音読やってて、このお話を読み出したからびっくりしたんだ。
まだ教科書に載ってたんだ!ってね^^。

わらぐつの中の神様

初めて聞いたよ。
なんか、かわいい物語 ・・・。

ちょっと調べてみようかな。

でも、なんで、わらぐつなんだろう?
わらの、靴?

そういえば、昔は、スキー靴なんてなかったから
長靴に、スキーを履いて、滑ってたよ。

やっこちゃん!2

え?長靴にスキー板嵌められるんだ?
ほうほうほう~。
そちらでは日常的な遊びだもんねえ。
こちらではスキーっていうと、もう旅行よレジャーよ夜行バスよ(笑)。
もうスキー学習サンザンだった。わたしゃあ向いてない!もう二度とすることはあるまい!と心に強く誓った17歳のわらくし(笑)。
でもスケート(一生手すり磨き)よりは滑れたけどね!スキーの方が安定感があるからかな?

義務教育過程の教科書って全国統一?おんなじもの??なの?
ちょっと飛ぶけど中学の英語の教科書は「ニューホライズン」だった?
ミスターブラウンだった?ジェーンだった?マイケルだった?
今じゃ「サンシャイン」っていう教科書になってるんだよ。
ミスターブラウンは健在だけど他の二人はもういない模様…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。