新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > きものが着たい!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きものが着たい!

2008 - 11/13 [Thu] - 12:51

ここ数ヶ月…きもの熱がむくむくと上昇中。

こじゃれた雑誌やご本を見ては無限に広がるきものワールド。
いいよね、いいよね…ささっと紬なんか着付けちゃってさ。
日傘さしてお買い物なんて…。
くっくっく…。(←妄想中)


もともと、きものを着るのは好きだったので
きものを着られるような機会に恵まれたときは、
なるべくきものを着るようにしてきたのだけれど…。

でも立ちはだかるのが「着付け」の壁。
美容院に予約を取って一式揃えて準備して、
朝から着付けしてもらうなんて、もう無理!無理!

で、ここ数年はもっぱらお洋服で済ませてしまっていました。
ああ怠惰なオンナになったことよのう…。


きもの遍歴(と言えるほどもないケド)の一部をご紹介。
P1010102.jpg

綸子地の江戸小紋。叔母からのお下がり。
結婚が決まったときに母が誂えてくれた金糸の袋帯を締めて。
ヘアメイクは自分で。このころ尾長のように、髪を垂らすのがマイブームだった。

kimono2.jpg
↑の袋帯と一緒に誂えた加賀友禅の訪問着。
旦那家から結納で頂いた袋帯を締めて。
ピンクよりも紫のきものが欲しかったと母にぶーぶー文句を言った。
親不孝な娘だったなあ…。

kimono3.jpg
綸子地に桜の地模様が入った振り袖。レンタルです。
三月だったので桜で…。

kimono.jpg
無地の小袖。胸元の花刺繍の紋(加賀紋?)が気に入ってレンタルしたもの。
ヘアメイクは自分で。垂らしてます(笑)。

kimono4.jpg
姉の訪問着を拝借。またまた(笑)垂らしてます。
今はもう自分の髪と格闘する元気もバイタリティもない。
若いってこだわりも強かったんだなあ…。

一通りしみじみっと昔を懐かしんだところで。
やはり日本女性と生まれたからには、もっときものが着たい!

いわゆる晴れ着じゃなくていいんです。
もっと日常に着られる「普段きもの」でいいんです。
それには自分で着付けが出来るようにならないと!
せめて名古屋帯でのお太鼓結びができるようになりたい。
20歳(×2+1)の誓い!
いざゆかんめくるめく「きもの生活」へ!

来年のお誕生日に、自分で着付けたきもの姿をご披露できるように。

……なれたら……いいな。(ゴホっゴホン)




正統派 きもの絵草紙
きものがたり (文春文庫)きものがたり (文春文庫)
(2002/03)
宮尾 登美子

商品詳細を見る

幸田文の箪笥の引き出し (新潮文庫)幸田文の箪笥の引き出し (新潮文庫)
(2000/08)
青木 玉

商品詳細を見る

着物(が傷んだら)→羽織、長襦袢→半纏→座布団カバー、袋小物→掃除のはたき…と、
一枚の布としての「きもの」を使い切る。
洋服にはない、それが日本の「きもの」。


天水の憧れ 節子夫人。
グラン・シャレ夢の刻グラン・シャレ夢の刻
(2005/05)
節子・クロソフスカ・ド ローラ

商品詳細を見る

ド・ローラ節子の和と寄り添う暮らし (とんぼの本)ド・ローラ節子の和と寄り添う暮らし (とんぼの本)
(2008/07)
節子 クロソフスカ・ド・ローラ

商品詳細を見る

二十歳のお嬢さんに来日した画家バルテュスは訊ねます。
「日本には素晴らしい着物というものがある。あなたはなぜ日本人なのに着物を着ないのですか」
それがバルテュスの妻となった節子夫人の30年以上に及ぶ海外での「きもの暮らし」のスタートでした。

玉緒の「着物」の喜び玉緒の「着物」の喜び
(2000/04)
中村 玉緒

商品詳細を見る

歌舞伎の家に生まれた玉緒さん。けれどきものに対する考え方はとても柔軟。
肩肘張らずに自由にきものを着て欲しいとの思い…自身のブランド「玉緒のきもの」のお話まで、とても読みやすいエッセイ。TVで観る玉緒さんが、もっと好きになりました^^。
(写真は巻頭の一枚のみ)

イラストレーター大橋 歩さんのビジュアル・きものエッセイ。
大橋歩コレクション5 きものでわくわく (大橋歩コレクション (5))大橋歩コレクション5 きものでわくわく (大橋歩コレクション (5))
(2005/07/14)
大橋 歩

商品詳細を見る

06450135.jpg

落語作家である著者の「普段きもの」生活。イラストも楽しい。
きもの噺きもの噺
(2007/03)
くまざわ あかね

商品詳細を見る


いつかは海外で「きもの」!を体現しているような表紙に釣られて購入。
「一発着付け」は参考になりそうです。
如月まみのデイリー着物コーディネート如月まみのデイリー着物コーディネート
(2004/12/21)
如月 まみ

商品詳細を見る


おまけ。
P1010112.jpg

うおおおおおおおおおおおおおお!

姫~~~~~!!!
お姫さまみたい!!!
メチャメチャ美しいざんす~~~!!!

...ってなんでかわいい顔隠すんだよぉ。最後の写真の顔はでてるのにぃ~(爆笑)

いや~ん、もっとアップで見たい!髪形とかさ、マジでお姫様じゃん!近くで見たらどんな感じなのかしらん?いや~~~ん!!!見たい~~~(←テンションi-184i-184i-184

ってか、おねーちゃん。

「立ちはだかるのが「着付け」の壁」って...違うわよぉ。

あのねぇ~、立ちはだかるのは、「着物を一枚も持っていないという壁」っすよぉ。まずはそこよぉ。

いいいいいいなああああああ。
女の親戚(親含む)から受け継がれた着物とか、メチャ羨ましいっ!fionaさんもおばあちゃまから貰った着物があるって言ってたもんね。

おぅ。ジャパニーズ・カルチャー。べり・ないす!

あきちゃん!

あら~~~ん あきちゃん!
そんなに褒めてもらえると…てへっ調子に乗って公開してしまいそうよ!
準備はいい?あ~ゆ~れ~で~?OK!?
(次回やっちゃうかも…あ、あたまだけね!でへ)

着物はワタクシもそんなに持ってるわけではないずらよ~。
でも代々受け継げる服なんて、ほんと着物だけだよね。
日本の奥深さをひしひしと感じるわ~。
fionaちゃんのおばあさまの着物…見てみたい!

でもあきちゃん着付けできるんだよね?
大学時代にお茶かなんかやってたの?
実はあきちゃんとfionaちゃんの浴衣姿にもか~な~り刺激を受けました!
「ちくしょう!いいなあ!」(笑)って画面に釘付けだったわん。

今でも結納で帯とか贈るのかしら?
わらくしの時は相手がしきたりに超うるさい田舎~の家だったので、嫁入り道具のひとつとして訪問着を作ったんだよね。
あと喪服も。これはまだ一回も着てないけどね。

いやいや、着付けは出来ません。ゆかたが着られるのは、大学の授業に日舞があったため...10分以内に移動→着替え→移動を狭い更衣室でひしめきあいながらこなし、浴衣もチャチャチャと畳めたあの日々。

結納って帯を贈るんだ?結納屋の友達がいるからするめとか昆布があるのは知ってる(笑)

アレコレ嫁入り道具をそろえるのも、大変だけどちょっと素敵だなぁ。でも大変か。

おっし。来年は粗忽シスターズin浴衣@東京よ!←夏なのか?笑

ウンウン、着物大好き。
もう、着る機会もないけど(結婚式とか
どうしても、お金が掛かるからドレスになって
しまう)ずっと好き!

ゆきさん、むっちゃ綺麗。
ピンクとか淡い色が良く似合う。

母の弟さんが呉服屋で、母も何十年もそこで
働いてて、着物も一式持ってるのに、使わない
状態なんだぁ ・・・。
来春、あかね(姪っ子)の結婚式に帰れたら、
着物、着てみようかな ・・・。
振袖以来、着てない。

そう思わせてくれたぁ。

あきちゃん!2

ほうほう日舞の授業!
すご~い!そっか大学は芸術系?だったものね!
いいじゃない!いいじゃない!授業でそういうのが習えるなんて羨ましい~。
そういえば誰かのエッセイに着物の着付けを学校の授業で教えればいいのにって書いてあったなあ。
そうすれば着物を着る人はもっと増えるだろうし、若ければ若いほど覚えるのも早いしね。
期末試験に着物の着付けなんてあったら、みんな若い内からきれいに着物が着られるよね!

そうそう結納品のひとつに帯があるの。
旦那家が頼んだ結納屋さんが偶然にも実家の父と知り合い(ゴルフ友?)でね。
お品を持って我が家に来られた時に
「なんね、あんたんとこに頼んであったとね!」
「あんたんちの娘さんやったとね!」
とお互いビックリよん(笑)。

やっこちゃん!

着なはれ着なはれ!
日本のオンナはやっぱ着物ばい!

姪っ子ちゃん結婚決まったんだ!
おめでとうございます~~~!
(京都に住んでる子かな?)
やっこちゃんのとこで、「来年3月帰る」って書いてあったから、おお?って思ってたんだ!
そっかそっか結婚式なのねん^^。
半年でまた帰国が叶ってワタクシも嬉しいよ!
お財布はチビシー!だろうけど、気を付けて帰って来るとですよ!(←九州のおかん?)
んで、美し~い着物姿を見せておくれ!
宝塔のお母様は留め袖ね!うふ。

あぁ~~、あたしも、おんなじでっす。
「晴れ着」じゃなくて、ワンピースかスーツのごとく、「何でもないときに着る着物」。
二回目の成人式までに・・・・とは目標に掲げているものの、未だ・・・・。
リーズナブルな、楽しい先生のお教室も見つけたんだけど、矢先に祖母が旅立ってしまって・・・・。

伯母(父の姉)がね、「もう着ないから」って、引っ越しの時に処分しようとしてた亡き祖母のものも含む着物を、なんだかしのびなくって箪笥ごともらって来ちゃったの。数年前。有り難いことに、小物も全部そろってて、嫁入りもしてないのに一通り持ってるのよん(爆)。
で、着たい願望も高まって、今に至る・・・って、至っただけなのだがっ。

某S国で、国花のアザミ柄の浴衣を着て、グラスゴーの街を歩くのが、一つの目標なの!!
むろん、夏以外も視野に入れて、リサイクルで、あざみ柄の帯も3本ゲット。
 ↑って、1本は夏帯だけど・・・

5月に亡くなった祖母のものは、未だに、箪笥を開けられないまま・・・。
「お嫁入りで持ってきたのは、全部、戦中戦後にお米になっちゃったの。なんにも残ってないのよ~~」って言ってたし、着物姿は記憶にないんだけど、畳紙が収まっている箪笥があって。
年内には、箪笥ごと、自分の部屋に連れて来ようと思っています。
4月までに、ニセモノ一重太鼓をマスターしようと思っておりまする・・・。

ニセモノお太鼓結びURL:
http://www.yama-kimono.com/obimusubi/obimusubi2.html

fionaちゃん!

おおお~~~お久しぶり!!
お元気してましたか!
あきちゃんとの「浴衣でまったりデート」のお写真、すごく素敵だったよ!
お花がよく分からないんだけど(水仙?いや水仙は冬だから「くちなし」かな?)
柄も色もすごくいい!!
下に襦袢を重ねて夏着物風にも着こなせそうだね!
ああうっとり…。

いつか気持ちの整理がついてから、おばあさまの着物をいつか着られるといいね。
fionaちゃんの手に渡って、おばあさまもきっと喜んでいらっしゃると思う。

おばあさまの着物だったらばりばりのアンティークだね。
うわあどんな柄だろう。銘仙かなあ?紬かしら?
アンティークの着物大好きなんだけど、ワタクシは身長的にちょっとキビシーんだよね><。
おはしょりなしで着るということもアリだけど。
fionaちゃんはきっと大丈夫だね^^!

「グラスゴーで着物」もぜったい実現させてね!
(そういえばネットショップで手作りのタータン帯を見たよ!)
マッキントッシュの建築に鮮やかなアザミ柄の着物美女。
あああ~~~たまらないわ!!!
写真!ちょっと写真撮って!おとうさん!!(←だれ)

ニセモノ?(笑)お太鼓結び!
え~え~?これって、作り帯みたく先に帯の形を作っておくんだね!?
へえ~へえ~へえ~(古…)画期的!すごいわ~。
4月を目標にしているのね。がんばれ!!
ワタクシは逆に4月からお教室に通いたいと企んでいるのだけど…。
(はい、これから懲りもせずまたまたまた修行に入ります><。)
お互いがんばろうね!!

着物って良いよね~。
私もまだ未開拓な分野でありますがいつでも憧れが在ります。
開拓しがいのある着物ですよね、だって其処には小物も関係してくるし、着物の種類も、PTOも多く関係するから。
私もそろそろまた始めたいな~着付け教室、若い人も多く通っているような場所で着物のお洒落談義何ってのもしたいなあ~。

ええ!ピンクの着物に駄々こねたの?!
凄く可愛くってユキちゃん似合ってるのに~今は母の気持ちが逆に感謝だねホントにピンクで正解!紫はこれからも沢山着られるよ。
ユキちゃんは水色もとってもお似合い。淡い色系統がとってもお似合いに成られるね。
ユキちゃんらしさが其処には在るのかな~淡くて優しい綺麗な色。

これはこれは!
天水ゆきさんの名にふさわしきお姿~♪
私なんて自慢じゃありませんが、着物着た事ありません。
なんとまぁ~非国民なっ?!
まぁ絶対似合わない自信もあるんですけどね~(笑)
死ぬまでに着る機会があるのかなぁ…がはは

しづちゃん!

そうなのそうなの着物って奥が深いわ~。
ほんと開拓しがいがあるってものだわん。
と言っても資金は限られてる><ので、分相応に綿の着物か、もっぱらアンティークものに網を張ってるよ(笑)。
いま欲しいのは久留米絣の着物なんだ。
せっかく地元に住んでいる(自宅から車で15分くらいのところに工房がたくさんあるのよ)んだしね!
でもこの土地にヨメに来たときは久留米絣なんて全然興味なかったんだよ。
それが今では……面白いねえ。

え!ピンク似合う?
しかも「可愛い」ですと!!
でへへへへへへ~~~~。
今でもなんだけど紫色って前からすごく好きで、当時はもっと融通が利かないワガママ娘だったんだあ……でも今はピンクで良かったなって思ってる。
ほんと後になって色んな事のありがたみが分かるよね。
そうだよね、紫はこれからだよね!

さあさあしづちゃんもレッツ着付け教室!よん!
(でももともと着付けできるんだよね?)
椿山荘のティータイムは着物で集合よ!!
ふっふっふ。

けーこさん!

え?けーこさん着物着たことないの?
成人式も?
大学の卒業式も?
そうなんだ~。洋服派だったのねん。

でも↑画像の「どきどき着物」の表紙のやつとか、千鳥格子とかのモダン柄の小紋とか紬とかすごく似合いそうよ!
けっこうショートカットに着物って粋で素敵なんだよ~~♪
わたくしゃ一歩間違えると水商売の人になりそうよ!
料亭の女将とか、銀座のママとかじゃなくて田舎の場末のホステス!
生活苦が漂ってるような…わはは!!

えへへへ。
浴衣、お誉めに与り・・・・うれしいっす♪
だって、リサイクル着物ショップで、5000円くらいだったんだもん!!(その代り、裄丈や身幅はかなり大きいのだけど)
そうなの、綿麻の紅梅だから、半襟と襦袢に名古屋帯を結べば、着物のフリができるんだよねん。
今年はそこまで気力がなかったけど、来年こそ!って思ってます。

伯母と祖母の着物は、残念ながら、アンティークじゃないの。
大連からの引き上げで、無一物で帰国したから、全部戦後のものなの。
伯母の普段着ウールから、祖母のお召や鮫小紋、職業婦人だった伯母が自分で誂えた色無地なんか、もう、なんでもアリなのがありがたいとこです。
色無地のうち、藤色の一枚は、修士課程の修了式でレンタルした袴と合わせて着てみました。
 ↑助教授の一人に「どこのお母さんかと・・・」って言われちゃったわっ
伯母とは背格好が同じくらいだし、こちらの祖母の身長は、明治の人だけど150センチはあったので、ギリギリOKで有難いです。
なんとなく、おはしょりなしで着るのって、すらっとしてるゆきさんのような人じゃないと・・・ってう気持がありますばい。

5月に亡くなった祖母のものも、戦前のものは「全部お米になっちゃった」から、たぶん、みんな戦後のものだろうなぁ・・・。
でも、倒れるまで刺繍(洋刺繍だけど)をしてた祖母のセンスはすごくよかったし、あたしの「好み」もきっと祖母に培ってもらったものだから、きっと好きなものが入っているのだろうと思っています。
この祖母の身長には、結局追い付けなかったので、サイズは問題ないかな・・・。
ただ、元気なうちに、色々聞きながら譲ってもらえばよかった・・・って、また泣きそうになります。

そーだ、浴衣の柄は、鉄線(クレマチス)でふ。


ゆきさんは、淡いパステルカラーが似合うなぁ~~~。
優しい花柄とかもイメージ通りで、優雅な柄行が似合うだろうな~~~~~~~。

続きを期待しちょりますばい♪

fionaちゃん!2

リサイクル着物ショップ…fionaちゃんはどの辺りにお買い物に行くのかな?
いつもネットでチェックしてるところが銀座に店舗があるらしいんだよね。
まだ買ったことはないんだけれど。
http://yaplog.jp/sarasa-ginza/
いまんとこ見るだけで満足しちゃってさ。へへ。

おばあさま150㎝あったんだ!
明治生まれの方にしては高い方だよね?
大連から引き上げ……うんうんそういう悲しい時代だったんだよね。
こういう方たちの苦労をわたくしたちは忘れちゃいかんばい!って思う。
(うちの実家の母と祖母も満州からの引き上げ者なんだ)
↑宮尾登美子さんの「きものがたり」にも、そういうくだりがあって食料と引き替えに手放した着物を闇市で見つけるシーンがあるの。
まさしく着物に歴史あり…だよね。

おっ終了式は袴を着たのね!
色無地だったから大人っぽく見えたんじゃないかな?
なんか着物を持ってるというだけで豊かな気持ちになれるよね。
洋服だったらただの時代遅れのお下がりでとても着られないけど、着物はそこが味わい深いもの。
おばあさまもfionaちゃんの和の心に目を細めていらっしゃるよ。うん。

ああ!浴衣の柄はクレマチスだったのね!
それは思い浮かばなかった。
季節の花や植物を装うのも着物の楽しみだよね!

上京できたあかつきにはfionaちゃんの着物姿を見せてちょ~!!
集合かけるけん(笑)よろしく!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ 13:27:12ちゃん!

あ~ん気づくのが遅れました!ごめんね~。

銀座アンティーク・モールって、アンティークもののお店が沢山入ってるのね?だからそういう名前なのかあ。
ほおんと目の毒で困るわあ(笑)。
わらくしもね、「あら!結構安いじゃない!これ」なんて思うとついついポチッとやってしまいそうになる><。
今はダメ!今はダメよお!!とキッツク自分を戒めてるわあ。
やっぱり実物を見て買わないと!
でも悲しいかな、リサイクルの着物屋さんってここにはどうも皆無みたいなんだよねえ。
いろいろと調べてみたけんど。福岡市まで出ればあるみたいなんだけどね。
呉服屋さんには恐くて近寄れないし…。(笑)

あああでも「魔窟」…「魔窟」…魔窟で身も心も滅ぼされてしまいたいわあ!
片っ端から当ててみたいよねえ!
しかも憧れの「自由が丘」にもあるんですと!?くっくっく。(未来上京メモに書き込み書き込み)

鍵コメちゃん博多帯もってるんだ!
いいじゃなあい!かっこいい!
わたくしも何か地元のものを手に入れたいなあって思ってはいるんだけど。
今はまだお預けね~。

鍵コメちゃん!「某国で着物」ぜったい!ぜったい!実現させてちょうだい!!
わたくしも結果が出せたら(あくまでも「出せたら」…だよ・苦笑)「NYで着物」ができるかもしんないの。(某国でないのがちとビミョーだけど)
だから一緒に頑張ろうよ!!
えいえい!お~~~!!=3=3(←鼻息)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。