新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 主よ みもとに近づかん。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主よ みもとに近づかん。

2008 - 06/22 [Sun] - 20:28

心より敬愛してやまなかった絵本作家
ターシャ・テューダーさんが米国バーモント州の自宅で
永遠の眠りに就かれました…。
P1010074.jpg

90歳を過ぎたご高齢でいらしたので、近年は
ターシャさんの記事を見つけるたびに、まずは安否が気にかかり、
けれど今年も厳しいバーモントの冬を乗り越えられ、
お元気でいらっしゃる姿に安堵していました。

しかし……今月18日に神の尊い御光(みひかり)の一つとなられました。
今朝(22日)の朝刊で訃報を知りました。

在りし日のお姿を偲んで…。
P1010068.jpg

P1010067.jpg

P1010069.jpg

P1010070.jpg

P1010071.jpg

P1010072.jpg

謹んでご冥福をお祈りいたします―――。


P1010066.jpg



主よ みもとに近づかん





"Einstein said that time is like a river, it flows in bends.
If we could only step back around the turns, we could travel in either direction.
I'm sure it's possible. When I die, I'm going right back to the 1830s.
I'm not even afraid of dying.
I think it must be quite exciting."
Tasha Tudor
 
        
T.T2


ターシャさんのメモリアル・ウェブサイトが開設されました。
来年(2009年)7月までの期間限定のようです。

Tasha Tudor Memorial Website.

Tasha Tudor and Family (公式HP)



まるで絵に描いたような

この写真たちが、絵のよう ・・・。
自然と上手く付き合い、愛し、動物を愛し、
人を愛し、神を愛し、動物を畏れ、自然を畏れ、
神を畏れて暮してきたんだろうなぁ。

厳しいけれど暖かな暮らし ・・・。
厳しいからこそ暖かな幸せ。

そういうものを教えてくれそう。

そうなんですか。
彼女と彼女のガーデンや暮らしや家族の写真はとても美しくそれを見る物も心を魅了しますよね、美しさとはこういう所に在るのかと気付かせてくれたのもターシャさんでした。
絵本作家だけ在り色彩センスが抜群でそれらは皆自然の恵みから影響させていた色彩だとも思えます。まさに妖精と共に話をし共に生活をしているようなそんな幸せなエネルギーが写真を通してからも感じられ。

上のどの写真も愛情に溢れていてとっても素敵な写真ばかりですね。色とはこういう所に在るのかと原点を見せてくれます。

彼女は幸せな方ですね、いつも優しさと感謝に包まれて。

自然と動物や子供などがとっても似合うターシャさん本当に妖精であるかのような方です、妖精にとっても近い人でもあったのだろうな。
愛らしいとか美しいとかってこの人のようなことを言うのだろうなって思いました。

やっこちゃん!

とうとう天の方となってしまわれました…。
二年前の冬にNHKでターシャさんの特集があったんだけど、そのときも大病をされた後だったので、ずいぶん痩せられて足腰が弱られたなあ…と心配していたんだ。
山羊などの家畜も手放されたし、広大な庭を少しづつ自然に帰している……と仰っていて、ご家族も、そして何よりご自身が、もう覚悟されていたんだろうな……と思いました。

ほんとうに、どれもため息が出るような写真ばかりだよね。
これは手持ちの2008年版のカレンダーを更にデジカメで撮影したものです。
こういうのって著作権などに抵触するのかな?と思ったけど、一応購入した物だし、あくまでも追悼の意を込めているものなのでアップしました。
最後の画像がちょうど6月の月の分です。
穏やかな笑顔だよね…。

やっこちゃんは賛美歌に詳しいと思うのだけど、記事の最後に曲のリンクを追加しました。
この加賀谷 玲さん編曲の「主よ みもとに近づかん」がとても好きで以前からCDでよく聴いていたの。
つい数日前にも無性に聴きたくなって車の中で運転しながらCDと一緒に歌ったばかり…。
ますます忘れられない曲となりました…。

shizuちゃん!

ちかごろ別の作家さんの訃報を聞いたばかりで、寂しく思っていたところにターシャさんの記事を読んで…。
人の命というものは儚いなあ…と改めて思いました。
ターシャさんの雑誌記事の特集
http://amamisakura.blog59.fc2.com/?q=MOE
をご紹介したのは、まだたった3ヶ月前だったのに…。

誰もが夢の場所のような「ターシャの庭」に憧れるけれど、でもその庭を通してターシャさんの夢ではない現実の生き方…生身のターシャさん自身に皆惹かれていたんだと思います。
万人に夢を与えられる人はターシャさんのように、いつでも地にしっかりと足をつけて歩いて来られた方なんだよね。
わたくしなんて、夢を見っぱなしの夢を追うだけの毎日。
そんな自分に
「夢を見るだけではダメよ。ちゃんと行動するのよ」
と教えていただいた気がします。

shizuちゃん本当だね、どの写真からもターシャさんの周りに妖精がふわりと舞っているような感じがするよ。
愛らしく美しい…うんうん。
あ、又じわっときちゃった。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あああ...

亡くなったのね。知らなかったわ...

ゆき姉ちゃんがいうように、ちゃんと地に足をつけて日々を、現実を生きていた方よね。こういう方だからこそ、あんなにたくさんの人たちが憧れるんだよね~、たぶん。

聡ちゃんもターシャの庭に憧れて、会社の山の別荘のまわりに少しずつ、少しずつ花を植えたりしているってエッセイに書いていて、なんだか嬉しく感じたもんよ。

清濁あわせて飲むって感じの懐の広さはやっぱり憧れるなぁ。
ってその前に、ジミーな日常も派手な非日常もしっかりと生きねばなぁ。

鍵コメ 02:41ちゃん!

そちらにメールしました!ヨロシク^^。

あきちゃん!

そうなの……とうとう……ね。
親友のお母さんもターシャさんのことがすごく好きで…。
画像の2冊の絵本は、そのお母さんから丁稚たちにプレゼントしてもらったものなの。
聡美さんもターシャさんのファンだったのね!
様々な立場や考え方を超えて、誰でも何かしらの感動をターシャさんからは受け取っているよね。
ターシャさんの功績だけを聞くと、才能に溢れたスーパーウーマンのように捉えられがちだけど、でも実際は決してそうではなかった……という努力と信念の姿に、ただ羨ましがられるだけの人ではなかったということが、ターシャさんの存在の大きいところだよね。

そうそうジミーな日常も、しっかり足をつけて歩かなきゃね!
やっぱり一歩を踏み出さないと何も出来ないもんね!

(2008/06/24)記事を追加しました。

・・・

v-22
本当に残念でなりませぬ・・・。

本屋さんでは、必ず 目にとまりましたもの。

素敵な人生をおくられた彼女でありますように・・・。

知りませんでした

仕事中、テレビでターシャさんの番組をよく眺めていました。(テレビ機器の開発の仕事でした)
私もこの方の本が気になっていましたが、亡くなられたのですね。
この方は天国でもとんでもなく美しいところに住まわれるんだろうな~と思います。

momoママ!

うん。ほんとに残念です。
でもいちばん美しい季節に旅立たれて、ご本人はきっと満足されていたのではないかな…と思います。

わたくしがよく行く本屋さんの一角にもターシャ・テューダーのコーナーがあって、そこだけパッと開けたような明るさと華やかさがありました。
ガーデニングやライフスタイルのおしゃれな本は沢山出版されているけれど、ターシャさんのご本は別格だったよね。

今は天のどの辺りにいらっしゃるのかなあ…。
きっとペットだった歴代のコーギーたちとゆっくり天のお庭を歩かれているのでしょうね。

takeoさん!

テレビ機器の開発のお仕事…。
うわあ思いっきり理数系な感じですごいです。
わたくしはもう算数の時代から、からっきしダメで…><。
PCのHTMLなんかもう目眩がします。

ターシャさんの番組はハイビジョンで綺麗でしたよね~。
裸足でゆっくりと草の上を歩いていらした姿がとても印象的で、初めて観たときの衝撃は忘れられません。
広大な美しいお庭にもビックリでしたが、こんなおばあさんがアメリカにいらしたことに何より驚きました。

>天国でもとんでもなく美しいところ…。
わたくしたちもターシャさんと将来同じ場所でお会いできるよう、しっかり生きて行かねばなりませんね!

今ごろ

亡くなったの、実は昨日知ったのでした。(遅っ)
大丸(デパートね)を歩いてて偶然目にとまったのだけど
来月ターシャ・テューダー展をやるみたいですよ。
http://www.daimaru.co.jp/museum/shinsaibashi/tasha.html

Gonちゃん!

おおお~~Gonちゃん!!
今日はお休み前の最後のお勤めね!うふ。
夏休みも期間限定だもの!思いっきりだらだらして欲しいわあ!
好きなことだけやってリフレッシュよお!!
(あ、修理屋さんが来るんだっけ)←なにげにチェック済み(笑)

大丸でもやるんだね~。
実は三越で昨年からやっていて、福岡の天神三越が6月だったから行くつもりだったんだ。
そうしたらウッカリしてる間に終わっちゃってた!
(2週間くらい開催されてると思いこんでたら、たった数日間だった!そうだよね。展示品もそんなに長く借りておけないよね~)

さかのぼって読んでもらえて嬉しいわん!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。