新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > 偉大ナル打撃。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大ナル打撃。

2008 - 06/20 [Fri] - 16:41

当時12歳、詩人の立原道造は1927年(昭和2年)1月の日記に書いている。
「今日ノニワカ雨ハ僕ニトツテハ偉大ナル打撃ダツタ。」
傘をなくしたという。
koumori.jpg


「月プデオ母サンニ支払フコトニシテ買ツテ来テイタダイタ」
と、つづく。
新しい傘の代金はどうやら、小遣いから母親に月賦で返済したらしい。
なるほど、打撃であったろう。

ビニール傘のポイ捨てを嘆いた一文を読んだ。
50代の主婦の方で、傘を持って出るよう子供に告げると
「いいよ。100円の傘でも買うから」と出て行った。
「物を大切に使うことを教えていかなければ…」
と結ばれている。

日記には、「甚大ナル…」ではなく「偉大ナル打撃」とあった。
おのが懐を痛めることで物を大切にする心を学んだ、という意味ならば、
栴檀のみならず道造少年の言葉選びも”二葉より芳し”である。
(読売新聞 編集手帳 平成20年6月20日版より抜粋)


*「栴檀(せんだん)は二葉より芳し」
白檀(別名:栴檀)は発芽の頃から早くも香気を放つように、大成する人物は幼少のときから人並みはずれて優れたところがあるという意味の慣用句。
(調べてみて初めて知りました。……無知)

自分がかつて子供と呼ばれる年代だったとき、社会の風潮は子供に対し、
「こんなこと、言わなくても分かっている」
「こんなこと、言われなくても分かっている」
という感覚で、みなされていたと思うのです。
100円の傘でも買うから、と言った子供さんがじゃあ特別かというと、決してそんなことはなく、
そして、どこの母親も思っているものです。
「うちの子だけは……」と。

けれどここ数年で思うのは
「子供には、こんなことまで言わなくちゃいけない」
です。
もちろん、こちらが気恥ずかしくなるくらい、しっかりした道徳観念のある子もいます。
けれど「こんなことまで言わなきゃ分からない」子が増えているのも事実。

お友達のお家に遊びに行ったら
・ピンポンを鳴らす。
・ごあいさつする。
・お家のひとが「どうぞ」と言ってから上がる。
・靴は揃える。
・家の中をうろつき回らない(勝手にドアを開けない)。
・トイレはきれいに使う(もし汚したらちゃんとお家の人に伝えて謝る)
・冷蔵庫や棚を勝手に開けない。

などなど。これ全て過去に我が家で起こったことです。
自分で重々自覚しているくらい、わたくしは口やかましいハハオヤです。
自分が自分の子供だったら嫌だなあ…と思うくらい口やかましい理屈派です。
もはや「言わなくても分かっている」は通用しない世の中になってしまいました。
我が家の丁稚2人にも、そのあたりは諭してきたつもりなのですが…。

自分でも
「いちいち、こんなことまで言わなくてもいいかあ。あまりうるさいのも逆効果だよね」
なんて思ったりします。
「こんなこと」まで言わなくてもいいよネェ……と。
そして言わないでいいのなら楽なのです。
「子供の自主性に任せる」……なんて、キラキラした魔法の言葉とおんなじ。
地べたを歩く人間は魔法なんて使っちゃだめなんです。
ただ…
せめて理屈が「へ」理屈にならないように気をつけたいものです。

偉大ナル打撃。
世の子供たちがそう思えるようになるかどうかは、やっぱり大人にかかっている。
自戒を込めて……。


傘のポイ捨てで、こんな嬉しい記事を見つけました。

中古ビニール傘 無料レンタル、各地で広がる 傘は“天下の回りもの”
wa.jpg

なんだか夏らしい水色ですね^^☆

v-22
文字もバッチリ水色だわぁ。
ゆきさん、ここの所 更新がしっかりありますよね~♪

傘・・・そう 昔 持つのがおっくうで、降らない方に
必ず信じて 手ぶらで出かけたものです(爆)
天気予報など、まるで見ない私は、毎回 濡れて
帰りました。傘は学校で黄色い傘を借りられますが、
返す時に、梅雨時は2本になるから これまた嫌で・・・
我ながら、子供らしい発想で幼さを感じます。

ビニール傘ね・・・。100円傘を買うことは、大人
が教えたのか、子供の発想なのかは わかりませんが、
私は、聞いてもピ~ンときませんね~。逆に、普通の傘
を、買わずに、ビニール傘が壊れるまで 使いまわしてし
まえば、たいした者なのになぁ。中古ビニール傘のレン
タルもお見事っ♪

(子供には、こんな事まで言わなくちゃいけない!)確かに
そうですよね~。私は、母にかなり厳しく言われていたの
で、ツインズにも ゆきさんなみに(笑)先手先手で、失敗
しないように、いい続けるタイプです。
ふと、長男長女気質に育て上げてしまったなぁ・・
っと、反省する日々であります。ある程度、子供には 自分
で失敗や恥をかいて身をもって覚える事をさせていきたい
とは、思っているものの・・・ついついねぇ~^0^;
しかし、子供は言っても言っても 忘れてしまって守れない
ものですので、私は言いすぎくらいがいいかも~と思い
やはり、こんな事と思いながらも 気がついたら必ず言うよ
うにしています~☆偉大なる打撃と感じられるようにと願い
ながら~長くて。。。すみませんっ♪





momoママ!

わたくし今でも傘を持たずに出かけちゃう~~。
出かけるときは100%車だし…。
スーパーでも、ビールや牛乳や何やかや重い物を両手に提げてると、うお~~傘なんて差せない!!よけいジャマ!!
なんて思っちゃってえ~へへへ。
いつも走れ~~!状態ですわ~~。んでずぶ濡れ…あほです。

>先手先手で、失敗 しないように、いい続けるタイプです。

あはは!そう!そうなんだよね~。
たとえば雨の日とか、靴下の替えを持って行きなさいとか、体操服は?給食エプロンは?とか色々いろいろおせっかい焼いちゃう><。
濡れて気持ち悪い思いをしながら授業を受けるのも経験さ!
忘れ物して先生から注意されて恥ずかしい思いをするのも経験さあ!
なんて思うんだけど…やっぱ甘い母親だよね。
5人ぐらい産んでたら(笑!)子供たちもたくましく育つだろうなあ~。
うちも上の丁稚はホント結構きびしく育ててしまって…。
(下はぼんやりくん)
可愛そうだったかな…と思うときもあります。

コメは長くても短くても、つまり何でも大歓迎!なのでお気遣いは無用ですよ~^^。

ゆきさん、こんばんわ。
携帯でここを読んでから色々考えました。
この頃何が「常識」なのかよく分からない世の中ですね。私は放任主義ではないけれど、子どもの数が多いからも目も手も足りず、結果的に我が子がよその方に迷惑をかけていることが多々あるだろうな、と思っています。
子ども達には「知らないこと」はきちんと教えることは大切ですね。
まずは私が感情的にならずきちんと物事を伝える訓練が必要なようです。
まずは母から・・・と思っている内に子どもはどんどん大きくなって、立派に成長していますね。(笑)
なるべくはやくしっかりした大人になりたいものです。

のんきママ!

んまあ~こんな長文を携帯でよくぞ読んでくれました!
ありがとう^^!!ちゅっ!

今回のは自分への戒めと反省もこめて書きました。

ワタクシも丁稚らを叱るときは本当に感情的になります。
「叱る」ではなく「怒って」いるんだよね。
江原さんも「叱ると当たるは違いますよ」とよくTVで仰っているけど、なるほどだよなあ…なんて、いくつになっても成長ありまへん><。
なるべく感情を抑えて「叱る」ではなく「注意」するという意識を持とうとは思ってるんだけど…。
もうじーちゃん、ばーちゃんが孫LOVEだからさ(笑)。特に下の丁稚にいたっては、もう至れり尽くせりで…。
その反動で、もっと厳しくせにゃ!!なんて思ってしまう><。(←自分は棚に上げてる)
特に多いのが「物の仕舞い忘れ」。
麦茶、マーガリン、お菓子…などなど。
(ばーちゃんから)出して貰ってるから、自分で仕舞わなくちゃという意識がない。
「出しっぱなしだよ!」と吠えれば「あっ」とか言って仕舞いに来るけどね…。
まだ言うこと聞くだけマシか?なんて思ったりもして(←あまい、あまい)。

のんきママちゃんちは逆に目も手も足りてないからこそ、自分でしなくちゃという意識はしっかりと育まれてると思うな!
(とくに2番目ちゃん!ん?3番目ちゃんだっけ?)
ちゃあんと弟ちゃんのことも気に掛けてるでしょ?
うちは二人しかいないからなあ。
手が届きすぎるのもダメなんだよね。

>まずは母から・・・

いっしょ!いっしょ!
ワタクシもはやくしっかりした大人になりた~~~い!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。