新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 月見夜。 > ルナー・ソサイエティ ~満月協会へようこそ。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナー・ソサイエティ ~満月協会へようこそ。

2008 - 05/20 [Tue] - 11:49

今夜(5月20日)は蠍座で満月が起こります。
(正確には日本時間午前11時11分)
先月の今頃も蠍座で満月が起こりました。
ジョナサン氏によると、同じ星座で続けて満月が起こるのは異例のことなのだとか。

満月は気持ちを高揚させると言われます。
その影響を受けて犯罪や事故が多い日とも言われます。
洋の東西を問わず旧暦の15日前後にお祭りや行事が多いのは、人々のエネルギーを発散させる為であったとか。

月を見上げると、とかく神秘的な気持ちに駆られます。
月の光が放つ道をたどって、
精神(こころ)を1760年代のイングランドへ飛ばしてみませんか。
今夜のような異例の満月の夜には、
「Lunar Society」の会合が開かれているに違いありませんから―――。

Meeting of the Lunar Society.
ls3.jpg

This meeting took place in the house of inventor James Watt (1736-1819). The Lunar Society began in 1765 and was made up of learned men of the time, great thinkers of the Industrial Revolotion who met to debate scientific questions and the application of science to manufacturing, mining, transport, education, and medicine. The society got its name from the practice of meeting when the moon was full so that its light would guide the members home through otherwise unlit streets. Other famous members of the society included chemists James Keir (1735-1820) and Joseph Priestley (1733-1804); physician, poet and grandfather of Charles Darwin, Erasmus Darwin (1731-1802); and ceramics pioneer Josiah Wedgwood (1730-1795).



「私の英国物語 ジョサイア・ウェッジウッドとその時代」より(抜粋)

~満月の晩の集い~

”文化団体の多くは文化の中心である首都ロンドンに集中していたが、
地方都市に皆無であった訳ではない。
中部イングランドのバーミンガムにも、1760年代に「ルナー・ソサイエティ」が誕生した。
直訳すると「満月協会」で、毎月の満月の晩に会員相互の家に集まって、
共通の話題について論じ合った。
満月の晩を選んだのは、終わってから各自が家に帰る時に明るくて便利だからだったが、
イギリスのようにお天気の悪い土地で、いつも月がこうこうと照り輝くはずはあるまいが、
と余計な心配をしたくなってしまう。
冗談はさておき、この協会員は自分たちのことを「ルナティック」つまり「月の影響を受けた人」
と呼んでいた。
しかし、英語を勉強した人ならすぐ気づくだろうが、ルナティックというと普通「狂人」を意味する。
昔の人は月から地球に流れ込む、ある霊気にふれると精神異常になると信じていたために、
そうなってしまったのだ。
「ルナー協会」の会員たちはもちろんこのことを承知の上で、いかにもイギリス風のユーモアを
発揮して、この呼び名を自分自身につけたのだ。
さて、この協会員には当時、一流の知識人が顔を揃えていた。
ジェイムズ・ワット、ジョサイア・ウェッジウッド、エラズマス・ダーウィン、
マシュー・ボールトン…などなど。”

私の英国物語―ジョサイア・ウェッジウッドとその時代私の英国物語―ジョサイア・ウェッジウッドとその時代
(1996/02)
有吉 玉青、倉持 公一 他

商品詳細を見る


お天気が悪くて月が雲に隠れていても、(月の見えない昼間でも)
満月のパワーは地上に降り注いでいます。
稀代の天才たちは、そんなパワーを感覚的に感じ取っていたのでしょう。

そういえばウェッジウッドとダーウィンは親戚関係であったと記憶しています。
「きみ、今宵おもしろい集まりがあるんだ。きみもぜひ参加してみたまえ」
なんて、やりとりが当時交わされたのかもしれません。

今宵はビーチにて水が多いな波が細かく荒いな色もいつもと違うなっと思って、あれ今日は満月?っと思って苦楽なてから夜空を見上げたらやっぱり満月でした。
確実に海の水の量と様子は変わるんですよね、満月やその他の月の動きと共に。
今宵の満月とても大きくって少し掛けていた昨夜より確実にエネルギーも違いました。
すっきりした良い御月様に見えました、とても輝いてその存在を見せていました。
そんなこんなで家に帰って来たら、ゆきちゃんの所でビンゴ!

男性だけだったのねぇ

知識人は男性だけだったのかねぇ...
私が感じるに、女性の方が月と密接な気がするけどね~。日本以外の国では月は女神だったりするし。
月のパワーって正直よくわからないけれど、水と星(月・地球)と引力...これも満月と関係してるんだよね?
体内の水分、月経...月経のある人なら大なり小なり感じるけど、体内の水分量も変わるし、精神的にもすっごく影響するじゃない?すっごく密接だよね。
植物でも、種を植えるときとか、収穫のときとか、ありとあらゆる事に関係してるっていうし。
私なんて、太陽暦よりも、太陰暦の方が、自然に沿ってると思うんだけどなぁ。復活しないかしらね~(笑)

満月新月の時の精神の高揚って、すごく感じるな。そう考えると森羅万象、満ち干に関係してるのかしらね。

それにしても、この会、きっと男だけで結構しょうもない話とかしちゃってるとみた。ふふふ。
「うちのかみさん、ガミガミ五月蝿いんだよ」とかさ。ぷっ。

shizuちゃん!

そうよそうよ満月よ~~。
今まで満月の夜に海を見たことがないから、潮の満ち引きに関係してるなんて話を聞いてもピンと来なかったけれど、やっぱり違うものなんだね!
海の変化!
う~んワタクシも体感してみたい!

満月の日は身体が何でも吸収しやすいから、ダイエットを始めるのに最適…なんだって。
(どうりで昨日おとといと、もう夜にお腹がへって、へって~アイス食べちゃった)
明日から新月までは「放出」期間で痩せやすい時期らしいので、ウォーキングやっても変わり映えのしないこの体重が、これで一気にダウンかしら?きらーん☆
(…お風呂上がりのアイス止めなきゃムリにゃ。)

あきちゃん!

この時代の知識人はやっぱり男性メインだっただろうね。
頭の良い賢い女性もきっと沢山いただろうけれど。
英国のゴルフ場では今でも女性が入れないクラブハウスがあるらしいし。
(プレーだけならOKだって)
そういうクラブハウスに抗議する女性団体もあったみたいだけど、「男の逃げ場所がなくなる」ってこと(笑)で、何とか存続してるみたいだね。
満月協会もきっと似たようなものだったんだよ。カカカ。

ワタクシも太陰暦復活賛成派だす。
あきちゃんが書いてることにいちいち納得よ!
これだけ人間は身体も心も月の影響を受けてるのだもの。
月に沿ったカレンダーでなんでいけないの?って思っちゃう。
でも、だんだんと地球自体がおかしくなってきた昨今、(というか人間がおかしくなったから地球がおかしくなったという方が正しいけど、それも月に逆らったカレンダーのリズムで生活してきたからだとも言われてるよね。)もしかしたら太陰暦復活するかも?なんて思ってる。
あした何が起こっても不思議じゃない時代だしね。
インフォメーションで毎日更新してる銀河と太陽のキーワードは太陰暦のものなんだ。
太陰暦を使うようになると女性に関しては生理痛がなくなるとまで言われてるんだよね。
だから…少しでも…身体の中に眠ってる人間本来のリズムが目覚めるように…との希望も込めて更新してますだ。
実にささやか~なことなんだけどね!

新月から今日までの満ちる月が「吸収」で、明日から新月までの減ってゆく月が「放出」の期間らしいので、デトックスに最適らしいよ。
また身体だけじゃなくて、あらゆるものを手放すということで、物の処分とか、精神面での解放(開放)にも良い時期だとか。
憎悪や妬み、怒りは自分の中に毒を貯めてゆく行為なので、それを手放しましょう…と。
まさしく毒だし(デトックス)だね^^。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰しています^0^

う~ん。神秘的なお話でした。

天水さんワールドに、のめり込んじゃいます。

満月には、そんなエナジーがあるんですね。

考えた事がなかったけれど。(メモメモ^^;)

ゆきさん~。最近レシピはどうですか~?

お酢・・・などなど。。。

私は、少し 忙しくて 食べ過ぎて・・・又 肌

に いいこと 始めたいっ。

塩キャラメルも、食べたい!!食べることに

敏感な、momoママでした~^0^; ヤバイッ!!

鍵コメ 14:48ちゃん!

昨夜の満月は特別っていう訳ではないらしいわ。
(例のブルームーンみたいなね^^)
ただ、同じ星座で続けて起こるということが非常に珍しいことだったみたい。
わらくしは蠍座なんで、二度も満月が起こってなんか得した気分よん!(…気分だけね・笑)

そうそう!パワーストーンは満月に照らすといいらしいね!
満月に照らしたお水(これは曇ってても大丈夫だって。パワーはちゃんとお水に入るらしいわ)でパワーストーンや宝石を洗うのも浄化されて良いらしい^^。
「クリアな感じに光る」
やっぱ鍵コメちゃんは敏感なんだね~。常々思ってるけど。

ダイエット…うん!ワラクシも頑張ろう!頑張ろ…う…ごにょごにょ。

momoママ!

いらっしゃ~~い!あんど無事でお帰り良かった良かった^^。
ふふふ~あちらは美食の国だものね!
ダイエットは今日から始めれば大丈夫!
お酢メニューはひとつ気に入ってるのがあるにはあるのですが…。
とっても簡単なんだけど、お酢の味に左右されるんだよね~。
momoママはセロリ平気?
次の記事でアップしますね^^!

そう満月には様々なパワーがあるようです。
美容に限定すると、新月から満月までの満ちる期間(上弦の月。お月様の左側がだんだんとふくらんでゆく)が「吸収」
なので、美容液やクリーム、パックなどのお手入れ効果が出やすい時期なのだとか。
でも食べ物も吸収しやすくなるので食べ過ぎに注意。

満月から新月(次は6月4日)まで(下弦の月。お月様の右側が欠けてゆく)が「放出」
ふだんより汗をかきやすいので、半身浴やエクササイズなど、また汚れも落としやすい時期だそうなので、脱毛やピーリング、角質ケアなどやってみると良いとのことです^^。

塩キャラメル…んまいんです。これが。しばらく止められそうにない><。

ありがたいっ!

v-22
セロリ。OKで ございます。
お酢いってみましょ~~!!!

楽しみにしています。^0^☆

ふぁ~~!!
お肌にそんな効果や時期が・・・

メモメモ。(意外に真剣に又メモしに来る
momoままなんです。)ふふふっ@^^@♪

momoママ!

セロリ記事アップしました^^。
参考になるかしらん。
かんたんで美味しいのでぜひぜひチャレンジしてみてね!
お腹の調子もすっごく良くなりますよ~。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。