新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 櫻花楼の縁側から。 > ランドセルは海をこえて…。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセルは海をこえて…。

2008 - 03/17 [Mon] - 16:57

今朝。
娘の最後のランドセル姿を見送った。
6年前、近所の6年生のお兄ちゃんの後ろをとことこと付いて登校していた娘。
背中に背負ったぴかぴかのランドセルは大きく重そうに見えた。
今では1年生の女の子の手を引き、毎朝小学校へ行っていた。
背中には変わらず赤いランドセルがあるけれど、もう大きいどころか小さく見える。
暑い日、寒い日、雨の日もランドセルをいつも背負って学校へ行った。
あしたは卒業式。
そんな娘の赤いランドセルは、もうしばらくすると海を渡る…。

(撮影 Takeshi Uchihori)
photo_36.jpg


思い出のランドセル募金~ランドセルは海を越えて~

2006年の夏頃、新聞でこの活動の記事を読みました。
家庭で不要になったランドセルをアフガニスタンの子供たちへ送っているとのこと…。
(宗教上の理由で豚革のランドセルはモンゴルなどへ送られるようです)
日本製のランドセルはとても優秀な上に丈夫。
6年間使えば確かに傷んではきますが、まだまだ充分使えます。
もともとランドセルの有名メーカー「クラリーノ」に、ランドセルのいいリサイクルの方法はないかとの問い合わせが多かったことから立ち上がったプロジェクトのようです。

この新聞記事を読んでから、我が家も卒業したらこの活動に参加しようと決めていました。
船便のコンテナが一杯になったらその都度受付終了なので、今春、上記サイトに申し込み予約を取りました。
あとは海外へのランドセル輸送費1,800円と事務局までの送料を負担すればOKです。
(参考までに:ひもが切れていたり、金具が取れたりしたものは送れません。あくまでも再使用出来るものに限られています)
letter_photo_06.jpg

校舎が不足しているため青空教室で授業を受けるアフガニスタンの子供たち。青空教室ではランドセルが机の代わりになる。
0013.jpg

letter_photo_07.jpg

letter_photo_09.jpg

村々で子供たちに配られるランドセル。まだまだ数は不足している。
photo_28.jpg

未来にこんな光景がなくなることを祈って…。
photo_38.jpg

photo_41.jpg


娘の赤いランドセル…。どんな子の手に渡るのだろう?
毎日どんな子の背中に背負われていくのだろう…。
また新しいつながりに…感謝。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これ、凄く良いですね。
この写真も凄く良いですね、なんだかランドセルも嬉しそうに感じます。
ランドセル本当に丈夫です、でも卒業してしまったら使用法は無い、娘の代までっというものでもないし、やはり入学式には新しいランドセルが勢揃いしますものね。
丈夫に生きているランドセル、捨ててしまうのは忍びないです、使ってくれる人喜んでくれる人が居るなら使ってもらった方がずっとずっ~と良いよね。
お疲れさま~で処分するのもだけど、なんだかまだ現役のランドセル上の写真では子供達と共に嬉しそうに見えます。
日本のランドセルって凄く優秀だし、良い企画ですね。

へーへーへー・・・

ランドセルがこんな形で生き続けているなんて知らなかったなぁ。私なんてランドセルがあんまり好きじゃなかったから思いつきもしなかったよ。そっか、机代わりになるわけね、なるほろ。
ランドセルって丈夫だし、6年間使い続けてもまだまだ捨てるには忍びないもんね。そうかといってほかに使い道ってないし。
なんてナイスアイディア!うーん、すんばらしい。

それにしても、武器と子供が一緒の映像を見ると、暗澹たる気持ちになるわ。

鍵コメ 19:27:48ちゃん!

そうそう!わらくしのランドセルもどうしたっけかなあ?って感じです。
たぶん母が処分したと思うな。中学校ではもう使えないし、体格がいい子だとランドセルもちっちゃいもんねえ。
でも勿体ない話です。
うちは保育園の園バッグももったいな~いと思ったけど、下の子は男の子だから赤じゃかわいそうかなあ…なんて思って紺色をまた買いました。
アフガンの子たちは男女の色の区別無く貰えたランドセルをきっと喜んでくれてるよね。
自分が末っ子で、姉のお下がりばっかりだったのを不満に思っていた思い出があるから、ついつい下の子にも同じように買ってあげてしまう><。
でも子供って大好きな近所のお姉ちゃんとか、いとこのお兄ちゃんのお下がりとか結構喜んで着るんだよね。(それが自分の姉とか兄になると嫌なんだよね~)
大人が可愛そうとか勝手に思ってるだけで、案外子供たちはお下がりのランドセルでも平気かもしれない。そういうもんだって思える環境を作っていかなきゃね。
何事も贅沢に華美にしてしまっているのは結局、大人なんだよね><。自分も含めて反省~。
アフガンの辛い現状の中で、ひとときの慰めでも、こういう地道な活動は支援して行きたいね。
下の子のランドセルもあと3年たったら送るつもりです。

は~い、そうなの!相棒はdynabookになりましたよ~。
うんうん音すっごくいいよ!おかげで音楽聴くのが楽しみになりました。
DVDドライブ…?これのことかな?↓のぱらちゃんUSBメモリーの画像と同じなんだけど…。
そっかあ最悪ブルーレイのDVDは観られなくなるかもしれないのね?
ふむふむ情報ありがとう!
いま旦那が忙しくて捕まらないんで、そのうち捕獲できたら(笑)訊いてみます~。

shizuちゃん!

ほんとランドセルの再使用法ってないよね?
どこのご家庭でも「思い出に」ということで取っておいても結局は押し入れの中で眠ってしまっているのだとか。
自分のランドセルの革を使って、そっくりなミニチュア・ランドセルを作って飾るっていうのもあるみたいだけど、なかなかそこまではね~。
一人っ子のご家庭とかだったらアリそうだけどね。

我が家は収納もないので、お洋服とかはどんどん知り合いの小さい子に回して着てもらっています。
でもそれがランドセルとなると…う~んって感じ。
ランドセルもいわば入学お祝いの贈答品みたいなものになってるから、人様にあげるのも難しい><。
でもまだまだホントに使えるランドセル。役に立てるのなら嬉しいね!

あきちゃん!

ランドセルって日本独自のものなのかな?
あんまり外国の子が背負ってるの見たことない?気がする…。
ランドセルって仰向けに転んでしまったとき、頭を打たないように出来てるらしいね。だからなおさら頑丈に作られるのだとか。
まあ6年の使用に耐えられるようにっていうのもあるんだろうけれど、ほんとうにこのまま中学まで持っていって欲しいわ(笑)。
それくらい、まだまだ現役で使えそうです。
ビバ!日本製!
たぶん今週あたり事務局からメールが来ると思うので、そうなったらいよいよ海を越えて行きます。
アフガンの子供たち…ランドセルを手にして少しでも笑顔になってほしい。
切にそう願います。うん。

ゆきさん
素敵なお話、ありがとうございます。そうですよね、ランドセル、丈夫に作られているけれども、小学校を卒業したら、もう使うこともない。捨てるのは忍びないけれども、使い道もないし・・・というケースが多かったとおもいますが、こうして遠い国で、また使ってもらえたら、本当にうれしいですよね。ゆきさんのお嬢さんのランドセル、どんな子にいくんでしょうね。
私、こういうこと全然、知らなかった。ゆきさん、ありがとう!

michiさん!

いえいえこうして読んでもらえて知ってもらえただけで嬉しいです。
この活動は2004年から始まったばかりなので、まだまだ認知度は低いみたいです。
ワタクシもたまたま新聞記事で知ったのですわ~。
こういうことがあるから新聞が止められません。(以前実家ではA新聞だったのですが、記事の内容の豊富さはY新聞の方が勝ってるかも~)

どこのおうちでもランドセルの置き場に困ってるんですよね~。
思い出もあるし勿体ないし…でも、現実問題として処分したくないけど処分せざるをえないと言うのか…。
将来6年生や保護者の間で「卒業したら送ろうね」っていうルートが自然とできるようになればいいなあ。
送られるランドセルより処分されるランドセルの方がまだまだ何倍も多いと思うので。
とりあえず今回、我が家で送ってみて、下の子がまた卒業するときにはクラスのお母さん方にちょっと声かけしてみようかな?って思ってます。

卒業式は昨日無事に終わりました!
自分が「ちゅーがくせー」のハハオヤになる日が来るなんて!おどろきです。

思いがけない

思いがけない宝物が
思いがけない場所で、リサイクルされる。

牛革だったり、本当に品質の良いランドセル。

こうして、誰かが嬉しくありがたく使ってくれれば
凄く嬉しい ・・・。

飛騨高山で見た。
郵便箱の代わりにランドセルを家の前に。

オーストラリアで出会った。
リュックの代わりにランドセルを背負って街を歩く
若い男性 ・・・。

お姉ちゃん、卒業おめでとう!
そして、その思いで一杯のランドセルが ・・・
海と人種と国境を超えるね!!

やっこちゃん!

やっこちゃん!ありまとう~~~。
ええ、とうとう卒業しちゃいました。
6年間色々いろいろあったような気がするけど、もう忘れちゃった(笑)。いい学校生活が送れましたよ~。

ランドセルを郵便箱に?へえ~。
それなりにサイズがあるから新聞とか荷物とかもスッポリ入りそうだもんね。
ちょうど赤色だしね!捨てるには勿体ない…ということでのアイディアだったんだろうね^^!
オーストラリアの人はどこでランドセルを手に入れたのかしら?
やっぱり日本だよねえ?
外国で日本のランドセル背負ってる人を見たらビックリだよね(笑)。嬉しいビックリだけど^^。

我が家のは合皮の軽量タイプだったんだけど、それでもまだまだしっかりしてるわ~。
アフガンの子供たちの毎日のお供になってくれたらホント嬉しいよ^^!

うん

きっと日本で買って、お洒落だと思って
誰もしてないって思って背負ってたんだと思う。

びっくりしたけど、とっても斬新で
お洒落なオージーの男の人にとっても
似合ってたよ。

やっこちゃん!2

そういえばやっこちゃんはオーストラリアに留学してたんだったね!
ランドセルも今は色見本帳?っていうくらい色んなカラーがあるから、ホント斬新でいいかもね!
ランドセルって日本だとどうしても子供の物ってイメージだけど、オレンジ色とかのランドセルを見ると逆にヨーロッパっぽい?って感じがするわ。フランスとか。
ランドセル背負ってマルシェへお買い物ですの~なんちて。
あ、オーストラリアの話だった…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。