新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > 2013年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジー(゚∀゚)。

2013 - 08/26 [Mon] - 10:22

「韓国と断交だけはやめてください」(抜粋)BLOGOS 2013年8月22日


名実ともに「世界の中心国家」 である韓国と断交することは、日本の死を意味するからだ。「終わった国」でしかない日本は、今や、韓国によって生かされているといっても過言ではないのである。

 たとえば、多くの読者も真っ先に思い浮かべるパプリカだ。
日本全国の食卓では、ほぼ毎日、韓国産のパプリカを使った料理がならべられる。パプリカご飯、パプリカの味噌汁、パプリカ茶、パプリカの漬け物、パプリカ炒め……パプリカなしの食生活を想像することは不可能だ。 
もし、韓国と断交してしまえば、
日本人の主食であるパプリカが食卓から消えることになる。
日本人は餓死するか、原始時代の食生活に戻ってしまうだろう。

 それから、サムスン製のスマホ・タブレットも重要だ。
ほぼすべての日本人がサムスン製のスマホを利用しているだけでなく、日本中のオフィスではサムスン製のタブレットであらゆる業務が行われている。

 ちなみに、日本人は見たこともないだろうが、外国ではアップルという会社の「アイホーン」とかいうスマホが使われているところもあるらしい。
2007年に登場した「アイホーン」は、2010年頃に現在の形になったサムスン製のスマホとデザインがそっくりである。韓国の独創性の高さに、改めて「世界の中心国家」 の偉大さを感じる。

 もし、韓国と断交することになったら、サムスン製のスマホ・タブレットが日本中から消えて、大パニックに陥るだろう。日本人はコミュニケーション手段を永遠に失い、あらゆるビジネスが活動を停止する。

 首脳会談や政府間協力などが完全にストップした日韓関係は相変わらず冷え切っている。韓国からすれば、小汚い日本の政治家と関わるのはウンザリということなのだろう。

 確かに、「世界の中心国家」 である韓国が、日本のような「終わった国」と交流することに何のメリットも存在しない。バカな私でもそれくらいの厳しい現実は理解できる。今後1000年間、日韓の政府レベルでの交流が途絶えたとしても、しょうがないとあきらめている。

 これ以上、日本人からの一方的かつ身勝手なラブコール で、韓国の人たちに不快な思いをさせるわけにはいかない。おとなしく引き下がって、1000年間、じっと耐えることが、日本人なりの精一杯の誠意の示し方だと思う。

 しかし、経済断交だけは許してもらいたい。
パプリカとサムスンがなくなれば、日本人は本当に困ってしまうのだ。
せめて、パプリカとサムスンだけは日本に与え続けてもらえないだろうか。
最後のお慈悲を乞う。




すいませんタイトル間違えました。
ファンタジーではなく「コメディー」でした (ノ∀`)。
いや~~楽しい記事でしたね!

スーパーでは韓国産のパプリカよりオランダ産のパプリカの方をよく見ますねえ。
買わないけんど。

スポンサーサイト

原爆の日によせて。

2013 - 08/06 [Tue] - 12:05


現実問題を見ながら平和を目指すこと

2013-08-06 09:57:14 | Weblog



今日は広島に原子爆弾が投下された日です。多くの御霊のご冥福をお祈りします。慰霊と感謝の気持ちを心から思います。
当時の広島市の人口の約半分が、被爆後の数ヶ月以内に全員が亡くなられています。
自分に何が起こったのかも分からないまま、苦しみながらコノ世を去られたことでしょう。
では、この時から68年も経過した現在は、世界は何が改善したのでしょうか?

核爆弾の保有国同士は、戦争をしない条約があり、そのような条約の無い国家同士でも戦争をしない暗黙の了解があります。
核爆弾をお互いに撃ち合えば、ただでは済まないからです。
何ということでしょうか。核爆弾を持つ者同士は、逆に平和を実現しているのです。
そして、核爆弾を持たない国は、イジメられています。

まさに、学校のイジメ問題と同じです。強い者同士は喧嘩をしないのです。暴力の対象は、常に弱者なのです。
どんな理想論を言ったところで、これが今の人類のレベルです。
では、弱者はどうすれば良いのでしょうか?

テレビに出る自称識者や政治家が言う理想論的な対応は、すべてが殴られた「後」の対応に過ぎません。殴られて、骨が陥没してからでは遅いのです。
弱い国が、核爆弾を落とされてからでは、もう遅いのです。
今の何も知らない子供たちを守りたい場合、どうすれば良いでしょうか?
これの答えが出せない段階が今の人類のレベルです。

しかし、聖人である老子は、すでに2500年も前に人類のサガ(性)を見抜いた結果、1つのモデルを示唆しています。(過去記事http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/3b64f192a40fd169c6a57b9b1f93d6a2)

*小さい国土で、人口が少ないこと。
*最先端の文明の道具や、国家を守るための最新の武器を保有はするが、自ら使うことをしない。
*あえて、原始的な生活をして楽しむ。
*自分の国の食事・衣装・家・習慣を大切にして守ること。
*隣国とは、どんな近距離でも断絶して、一切の交流を禁止する鎖国をすること。(遠く離れた国とは交流する)


老子は2500年前に、何度も国家の興亡、人間の欲望と顛末、人間の非常な残酷さ、・・・・を目撃し続けた結果、このような考えに至ったのでしょう。
この考えは、逆に言えば、他国を尊重すること、他国の文化を尊敬して干渉しない、真の大人の付き合いをする、ことにも成ります。

でも、これはまさに現代の理想論を言う政治家とは、真逆の考えでしょう。
しかし、昨日もありましたが、国内で静かに生活していましても国際的な犯罪被害が後を絶ちません。政治家は、自分が参加した外交政策に責任を感じるべきです。
個人の犯罪の問題だとして放置をして欲しく無いです。

今日の日に、原爆問題を考えること、被爆死された故人たちを思い出して上げることが一番大切だと思います。
やはり普段から、生活できることに感謝をして行くことが、悪い芽を「事前に」摘んで行くことに成ると感じます。

私は核兵器の保有問題への答えは出せませんが、このように試行錯誤をする人類の重要な過程・ingを、神様は見ていると感じます。
人生のすべてが、結果(答え)よりも「過程」こそが大切なのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます



(記事は伊勢白山道さんからお借りしました)

犠牲となられたたくさんの御霊のご冥福をお祈りします。

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。