新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > 2012年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜の夕食は……。

2012 - 10/29 [Mon] - 20:25

ショボンヌ(´・ω・`)と
PA290001.jpg

キリッ(`・ω・´)のオムライス。
PA290002.jpg


母子でオタッキーなことばかりやっています……。
(ノ∀`)アチャー

スポンサーサイト

先取りおたんじょうび。

2012 - 10/26 [Fri] - 16:10

いろんな予定の都合で、先取り「ひとりお誕生会」。

PA240002.jpg

この量をひとりで食べてしまうのがすごいよ。
胃袋よりも懐の深い人間になりたいのだけど(爆)。

PA240005.jpg
中身はバニラアイスとオレンジのクリーム。
膵臓さん、インシュリンをがんばって出してくり。

おんなの人生90年として、折り返し地点にやってまいりました。
これからもよろしくわたくしの身体。
まだまだ動いておくれね。




ところで。
天水家の敷地で絨毯のように咲き誇っているこのお花。

PA240009.jpg
名前が分かりません。
ネットで何度も検索かけてみたのだけど……。

PA240008.jpg
デイジーやマーガレットに似てますが、葉っぱがぜんぜん違うのです。

PA240007.jpg

PA240011.jpg

匍匐性で葉っぱは細く、裏側は細かい白い毛のようなものが生えています。
PA240012.jpg

PA240010.jpg

繰り返しじゃんじゃん花を咲かせます。雑草も駆逐する勢いのあるやつなのですが、なかなか可愛いのです。
もっともっと増やして東側のグランドカバーにしたいなあと思っているのですが、いったいなんという名前なのでしょう??

PA240013.jpg



来週末は東京から旦那はんのお兄様がいらっしゃいます。
二ヶ月早い大掃除をしなくちゃなあ……。
あ~~~気が重い。ボソッ。

薔薇部活動報告~ロザリアンへの道。

2012 - 10/15 [Mon] - 12:00

園芸からはいちばん遠い世界の住人と思っていたワタクシ。
すてきガ~デンも美しいお花も見るだけでマンゾク……だった筈なのに。

……人って変わるもんだすね。
毎月うきうきと「趣味の園芸」を本屋さんに買いに行く日が来るとは!!

NHK 趣味の園芸 2012年 08月号 [雑誌]NHK 趣味の園芸 2012年 08月号 [雑誌]
(2012/07/21)
不明

商品詳細を見る

(小さいけれど、ここ ↑ に注目。笑)


奥深きロザリアンへの道。侮りがたし。

さて。
最近まで荒れ放題だった我が家の東側を、心を入れ替えて(笑)片付けました。

plan3
これは心を入れ替えた後の画像。
塀はラティスではなくもともとは枯れ果てた芝の生け垣でした。
それを全て(お義父さん&ちょっぴり旦那はんが)撤去。ラティスに変えました。

plan2
白い3枚のラティスのみ既製品。あとは全て(お義父さんの)手作り。
これからペンキを(お義父さんが)塗ります。
plan1

家の東側はわたくしにとって20年も暮らしておきながら、ほとんど立ち入ったことがない場所でした。
入るのが苦手と言った方が正解かも。
もともと家の東側には堀があり(カエルの大合唱がすごかった♪)車も通れない細~~いうね道があっただけ。
一番家の日陰なる部分……というか、トイレの浄化槽もあったりで、足元も悪く、
「処分しなきゃいけないけど、とりあえず面倒くさいから自然のままに放っとこう」
的な割れた瓦や植木鉢、訳の分からん台風の残骸もろもろが、ごちゃ~~~と散乱していたのです。
それが区画整理で堀はふさがれ、キレイな道ができてしまい我が家は四方八方から丸見えに!!……><。
それでも10年くらいは芝の生け垣がちょうどいい目隠しになってくれていたのですが、それが病気?で枯れ果ててしまい……。
(我が家だけではなくご近所の芝垣も全部やられました。何の病気だったの??)


ここにバラを植えよう。

そう思わなければ、今でも荒れ放題のまま、見ないふりして放っていたに違いありません。
それだけ私はこの場所が苦手でした。
入り込むのも嫌だった。

それはやっぱりこの家で育ったわけではないから?
家からも逃げ出したいと日々たくらんでいたからでしょうか?

こうして改めて考えてみると、家を美しく調える、ということを私は自室以外でやっていません。
普段は意識的に考えることももうなくなったのですが、何年も暮らしているのに、未だに「仮の住み家」みたいな感覚が抜けていないことに気づかされます。
自室ではくつろげます。
あ~やれやれと足を伸ばせます。
でも台所や居間などの家族の共有スペースではリラックスできません。
実家で感じていた「どこもここも自分ち」。お家がいちばん大好きみたいな気分になれることはないのです。
「家」に愛着を持てなかったから敷地の草むしりひとつしたことがありませんでした。

それがピエールを育てるようになってから、私の意識が変わりました。
この家のまわりをバラで飾りたいと思うようになったのです。

今回、何度も何度も東側に出入りし、草をむしり汗を拭いながら片付けしました。
そうするうちに、大げさですが、まるで動物がマーキングして縄張りを作るかのごとく、なんだか初めてこの家に自分の足跡を付けられたような気がしたのです。
もともと東側は太陽の昇る場所。
いちばんに日が当たるのが東側。
ここをきれいにできたことで、ものすごい充実感を味わうことができました。

そうすると、もう現金なもので、今では一日に何度も出入りしています。
ぐだぐだと数日を無駄にしてこの文章を書いているうちに、ラティスのペンキ塗りは終了。
(お義父さん!ありがとうございました)
ラティス作製からペンキ塗りの間中、お義父さんはご近所の方から「きれいになりよんね~」と声を掛けられていました^^。

実際の風景を眺めながら、頭の中であ~でもないこ~でもない、あれこれあれこれと新しく迎えたいバラのことを考えています。
すっごく楽しいです(笑)。
スペースの長さは20メートルはあるので植え放題(笑)。
イングリッシュローズを中心に、あらかたプランはまとまりました。
あとは実行~~!!


車で家路を走ると、だんだんと目に入ってくる我が家。
帰宅するたびに、きれいになって良かった!
白いラティスにして良かった!と満足しています。

侮りがたしロザリアンへの道。まずは一歩前進。

Y嬢に捧ぐ(笑)。

2012 - 10/02 [Tue] - 12:44

んもう~~~Y嬢がネタを投下(笑)するから~~~。

ついついフィギュア界の黒女王キムたんの燃料を焚きつけてしまったわ。



キム・ヨナの卒業写真が心霊写真に? 目のようなものが写り込んでいるとの指摘が相次ぐ
ライブドアニュース

kimutansotugyou



記事の内容と拡大写真は「続きを読む」をクリックしてね♪

あ、Yっこちゃん! 無理して押さなくてもいいのよお~~。
Yっこちゃんが恐がりなのはちゃあんと知ってるから♪
え? 押しちゃうの?押しちゃうの?

……んもぅ負けず嫌いねぇ~~♪



続きを読む »

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。