新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > 2008年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~あ~あ~。

2008 - 06/29 [Sun] - 11:43

img_kagaya.jpg

"加賀谷玲 コンサート&ディナー
  8月17日(日) 17:30開場 18:00開演
  ホテル日航関西空港・レストラン「ジェットストリーム」
  お一人様15,000円(消費税・サービス料込)
  事前予約制 先着50名様

  出演者: 加賀谷玲(ピアノ)
        野々口万友美(バイオリン)
        石丸泰帆(バイオリン)
        井上ヒロコ(ボーカル)
        MIGA(ボーカル)
 
  「銀河鉄道の夜」の主題歌「One night」を中心としたミニコンサートを開催します。
KAGAYAが宮沢賢治の故郷・岩手県や花巻にまつわる食材を使ったメニューをプロデュースし、日航ホテルの一流シェフが腕をふるった極上のスペシャル・ディナーをお楽しみいただきます。
関西初の兄弟コラボレートが実現します。
席数が50席と少ない上、先着順となっております。お早めにお申込みください。"

……って。
関空は遠い…。遠いよ……。(泣)
玲さあ~~~~~~あああんっっっ
r.jpg


KAGAYA氏(兄)イラストレーター。
加賀谷 玲氏(弟)音楽家。

スポンサーサイト

少女時代への回帰 ~追悼 氷室冴子。

2008 - 06/26 [Thu] - 11:55

ちかごろ好きだった作家さんの訃報が続いている。
コバルト文庫で一時代を築いた作家 氷室冴子さんが、
六月六日にお亡くなりになった。
享年51歳。
やはり新聞の記事で知った…。

数日後に図書館へ行くと氷室せんせいの追悼コーナーが出来ていて、
「ああ…本当だったんだな」
と、そのときになって鼻の奥がツンとした。
今まで何となくぼんやりとオブラートに包みこんでいたような感情が
これを機に溶け出したという感じ。

その後ターシャさんの訃報も続けて知ることになるのだけれど、
彼女の場合はご高齢であったので、「もしかしたら…」という心の準備はあった。
でも氷室せんせいの場合は……。
通いなれた道をぽこぽこ歩いていて、ある日何かに足下をすくわれたような感じ。
何にすくわれてしまったのか分からないまま、また立ち上がり、ぽこぽこと歩き出す。
けれど歩くほどにだんだん足に痛みが出てきて、思っていたよりダメージを受けていたのだな…と知る。

ずっと氷室作品を読み続けて来た訳ではなかった。
特別に大ファンだったという訳でもなかった。
けれど氷室作品を語るとき、セーラー服を着た自分のあの頃の情景が
ありありと甦ってきて切り離せないのも、また事実なのだ。

人はこれを「青春の1ページ」なんて言うのかもしれない…。

続きを読む »

主よ みもとに近づかん。

2008 - 06/22 [Sun] - 20:28

心より敬愛してやまなかった絵本作家
ターシャ・テューダーさんが米国バーモント州の自宅で
永遠の眠りに就かれました…。
P1010074.jpg

続きを読む »

偉大ナル打撃。

2008 - 06/20 [Fri] - 16:41

当時12歳、詩人の立原道造は1927年(昭和2年)1月の日記に書いている。
「今日ノニワカ雨ハ僕ニトツテハ偉大ナル打撃ダツタ。」
傘をなくしたという。
koumori.jpg


続きを読む »

shinzi katohのアルミニウムボトル。

2008 - 06/18 [Wed] - 15:58

買っちゃいました^^。



続きを読む »

かもめ食堂 ~コピ・ルアック。

2008 - 06/05 [Thu] - 16:22

あきちゃん大絶賛の映画「かもめ食堂」を観ました!
あきちゃんの「100回観た」(ん?1000回だった?笑)には及ばないけれど、
レンタルしていた6日間のあいだに3回観ちゃいました。

物語の舞台はフィンランド。
「フィンランド」でぱっと思いつくものは…トナカイ、サンタクロース、シベリウス、ムーミン、
そして工藤静香のアルバム「カレリア」。
(全曲フィンランド録音。ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、ヘルシンキ大学コーラス隊が参加しており、フィンランドの自然をイメージさせる傑作。天水のいちばんのお気に入り。ちなみにカレリア(Karelia, Karjala)とは、フィンランドの南東部からロシアの北西部にかけて広がる森林と湖沼地帯の名前)

「雪が荒野を白く変える
ただひたすらに降り続ける」

この歌詞のように、静謐で広大な白い森が広がる風景が自分の中のフィンランドのイメージだったのですが。

続きを読む »

笑うかどには福きたる。3 「セクスィー部長」脳内降臨。

2008 - 06/04 [Wed] - 11:25

もうダメです…。
「彼」のおかげで真面目な記事が書けません…。

「彼」のおかげで昨日は麦茶を沸かしていたことを忘れ、
気づいたときには麦茶の量はやかんに半分になっていました。
へるぷみぃ~~!!


あなたの脳内にも降臨!! ……しちゃうカモ?
しゃららん★きゅらら~~ん★

セクスィー部長 IN福岡

セクスィー部長 IN箱根

セクスィー部長 IN大阪

セクスィー部長 BEGINNING


こんな…ベッタベッタな展開が「大好きだあ!!」

しゃら~ん★

ほたるのゆめ。

2008 - 06/02 [Mon] - 09:40

そろそろ蛍の見ごろを迎えているようですね。

もしもトップ画像に「七色ほたる」が出現したら、追いかけてクリックしてみてくださいネ。
仲間をたくさん連れてきてくれますよ。
昨年は七色ほたるに会えなかった方…今年はいかがだったでしょうか?


草づたう朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ(斎藤茂吉)

茂吉の歌はしばしば直感によって飛躍する。この歌もその一つ。
朝、草の葉を這う蛍を眺めているうちに、生きたいという激しい
欲求につかまれる。
思えば、人間は理屈で生きているのではなく、こうした言い知れぬ力
によって生きている。
(読売新聞2008/06/02「四季」 長谷川 櫂)

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。