新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > ロザリアンへの道。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇部活動報告~虫にはテデトール。

2012 - 11/21 [Wed] - 13:14

我が家のバラたちはオーガニックで育てています。
初めての夏と秋もなんとか無農薬で乗り切りました。

しかし無農薬ということはいろ~んな困ったお客さんがやっていらっしゃるということで……。
今日もせっせとテデトール(手で取る)。
ロザリアンなら一度は通る試練の道。
もう素手でもいけちゃうもんね。
今回はムッシーとそんなわたくしとの数ヶ月間の戦いの記録(笑)です。
あ~んなの、こ~んなの画像が盛りだくさんですので苦手な方はご注意をば。
怖いもの見たさのお嬢さんはクリック・プリーズよん。
虫

続きを読む »
スポンサーサイト

薔薇部活動報告~モグランラララ♪

2012 - 11/09 [Fri] - 12:14

朝のパトロールで、ピエールの株周りの土がやたらと盛り上がっているのに気づく。
もしかして、やまださんちのねこが掻き回したか?あいちゅめ~~と思いつつジョウロで液肥を根元にかけたら、土が一気にどさっと沈んだ。
???

もう一株のピエールも同じ。
すると濡れていないところの土がもこもこっと動いた!
明らかに生き物の気配~~~。
ぎゃーーーっっ!!

「そりゃモグラたい」
……も、もぐら???

我が家には花壇から数メートル先に畑があり、そこにはもうかなり以前からモグラよけの風車が何台もからからと回っている。
それだけ畑にはモグラがやってくるということなのだけど……。
ピエールを育てるようになってから、好みのバラの園芸書を買い求めては読み込んできた。
そのどれも害虫や病気のことは詳しく書かれてあってもモグラに関する記述はひとつもなかったので、全くピンと来なかったのだ。
しかしネットで調べてみると、モグラの害に悩んでいる人は少なからずいるようだ。
モグラは土の中にいるミミズなどの虫を食べるので、バラの根をかじったりなどバラに直接悪さをするわけではない。
むしろモグラがやって来るということはミミズがいる良い土作りができているという証明なのだけど、土の中を縦横無尽にトンネルを掘って掻き回すので、根に傷を付けられると病原菌が入ったり隙間ができると根が養分を吸収できなくなったりで結果バラが枯れてしまうということがあるらしい。
正直ありがたくない訪問者である。

かといって薬は使いたくないし殺生もしたくない。
自発的にご退場いただくとなると、やっぱりこれなのかしらん。
じゃーんっ!!
PA160127_20121109113143.jpg
モグラよけ風車!

これをピエールの両側と真ん中に3台立ててもらいました。
実はこれ500mlのペットボトルからお義父さんが作ったもの。
(「お~いお茶」のペットが一番作りやすいらしい)

PA160128_20121109113143.jpg
チープな手作り感が素敵でしょ?(笑)

たぶん今までに100個くらいは作っているのではないかな。
ご近所や仕事先の方から頼まれたりで、せっせと作っては(材料確保のために)せっせと「お~いお茶」を飲んでいます(笑)。←家族は誰も飲まない。

この風車が風を受けてカラカラと回り地中に伝わる震動がモグラは嫌いなのだということですが……。
さて効果はいかに?
とりあえずトンネルを崩して土を元通りにしておきました。

翌日。

PA080007_20121109112950.jpg
土に穴が!
こちらにも……。
PA080008_20121109112949.jpg

出て行った後なのか、もぐり込んだ穴なのか判別がつかなかったのですが、その日は土に変化がなかったので、どうやら出て行ってくれた穴だったようです。
モグラ騒動からすでに一月ほど過ぎましたが、これ以降花壇が荒らされることはなくなりました。

モグラよけ風車の実力を見た。やっぱ効くんだなあ。←失礼。



晩秋の澄み切った空の下、ピエールはまだまだ成長中。
PA160121_20121109112949.jpg

私の背(161㌢)をとっくに追い越して、今では3メートルはありそうです。
もう手が届きません。

PA160122.jpg

PA160123_20121109112948.jpg

PA160126.jpg

PA160132_20121109113143.jpg

薔薇部活動報告~ロザリアンへの道。

2012 - 10/15 [Mon] - 12:00

園芸からはいちばん遠い世界の住人と思っていたワタクシ。
すてきガ~デンも美しいお花も見るだけでマンゾク……だった筈なのに。

……人って変わるもんだすね。
毎月うきうきと「趣味の園芸」を本屋さんに買いに行く日が来るとは!!

NHK 趣味の園芸 2012年 08月号 [雑誌]NHK 趣味の園芸 2012年 08月号 [雑誌]
(2012/07/21)
不明

商品詳細を見る

(小さいけれど、ここ ↑ に注目。笑)


奥深きロザリアンへの道。侮りがたし。

さて。
最近まで荒れ放題だった我が家の東側を、心を入れ替えて(笑)片付けました。

plan3
これは心を入れ替えた後の画像。
塀はラティスではなくもともとは枯れ果てた芝の生け垣でした。
それを全て(お義父さん&ちょっぴり旦那はんが)撤去。ラティスに変えました。

plan2
白い3枚のラティスのみ既製品。あとは全て(お義父さんの)手作り。
これからペンキを(お義父さんが)塗ります。
plan1

家の東側はわたくしにとって20年も暮らしておきながら、ほとんど立ち入ったことがない場所でした。
入るのが苦手と言った方が正解かも。
もともと家の東側には堀があり(カエルの大合唱がすごかった♪)車も通れない細~~いうね道があっただけ。
一番家の日陰なる部分……というか、トイレの浄化槽もあったりで、足元も悪く、
「処分しなきゃいけないけど、とりあえず面倒くさいから自然のままに放っとこう」
的な割れた瓦や植木鉢、訳の分からん台風の残骸もろもろが、ごちゃ~~~と散乱していたのです。
それが区画整理で堀はふさがれ、キレイな道ができてしまい我が家は四方八方から丸見えに!!……><。
それでも10年くらいは芝の生け垣がちょうどいい目隠しになってくれていたのですが、それが病気?で枯れ果ててしまい……。
(我が家だけではなくご近所の芝垣も全部やられました。何の病気だったの??)


ここにバラを植えよう。

そう思わなければ、今でも荒れ放題のまま、見ないふりして放っていたに違いありません。
それだけ私はこの場所が苦手でした。
入り込むのも嫌だった。

それはやっぱりこの家で育ったわけではないから?
家からも逃げ出したいと日々たくらんでいたからでしょうか?

こうして改めて考えてみると、家を美しく調える、ということを私は自室以外でやっていません。
普段は意識的に考えることももうなくなったのですが、何年も暮らしているのに、未だに「仮の住み家」みたいな感覚が抜けていないことに気づかされます。
自室ではくつろげます。
あ~やれやれと足を伸ばせます。
でも台所や居間などの家族の共有スペースではリラックスできません。
実家で感じていた「どこもここも自分ち」。お家がいちばん大好きみたいな気分になれることはないのです。
「家」に愛着を持てなかったから敷地の草むしりひとつしたことがありませんでした。

それがピエールを育てるようになってから、私の意識が変わりました。
この家のまわりをバラで飾りたいと思うようになったのです。

今回、何度も何度も東側に出入りし、草をむしり汗を拭いながら片付けしました。
そうするうちに、大げさですが、まるで動物がマーキングして縄張りを作るかのごとく、なんだか初めてこの家に自分の足跡を付けられたような気がしたのです。
もともと東側は太陽の昇る場所。
いちばんに日が当たるのが東側。
ここをきれいにできたことで、ものすごい充実感を味わうことができました。

そうすると、もう現金なもので、今では一日に何度も出入りしています。
ぐだぐだと数日を無駄にしてこの文章を書いているうちに、ラティスのペンキ塗りは終了。
(お義父さん!ありがとうございました)
ラティス作製からペンキ塗りの間中、お義父さんはご近所の方から「きれいになりよんね~」と声を掛けられていました^^。

実際の風景を眺めながら、頭の中であ~でもないこ~でもない、あれこれあれこれと新しく迎えたいバラのことを考えています。
すっごく楽しいです(笑)。
スペースの長さは20メートルはあるので植え放題(笑)。
イングリッシュローズを中心に、あらかたプランはまとまりました。
あとは実行~~!!


車で家路を走ると、だんだんと目に入ってくる我が家。
帰宅するたびに、きれいになって良かった!
白いラティスにして良かった!と満足しています。

侮りがたしロザリアンへの道。まずは一歩前進。

 | HOME | 

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。