新しい頁(ペイジ)をきりはなつとき 紙の花粉は匂ひよく立つ ~室生犀星「本」。

  天水の櫻花楼だより。のナビゲーター   トップページ > 英国  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪を支える日本人。

2012 - 06/25 [Mon] - 17:04

ロンドン・オリンピックも近づいてきましたね。
またエリザベス女王のダイアモンド・ジュビリーもあり
BSテレビや新聞では連日英国関係の番組や記事が発表されて
英国好きには嬉しいかぎりです。

そんな新聞記事の中から
ロンドン・オリンピックを陰で支える日本人男性を二人ご紹介します。



london run
                          
読売新聞 連載 夢を支えるLondon2012(2012年4月18日掲載より)

女子マラソン英国代表 マーラ・ヤマウチ選手
限界救った主夫兼コーチ
元証券マンの日本人と急成長


「夕食だよ」。キッチンから山内成俊(しげとし・40)が妻で英国女子マラソン代表のマーラ(38)に声をかけた。ロンドン郊外テディングトンの自宅アパート。食卓には、みそ汁やひじき、納豆……。ランナーに欠かせない鉄分やミネラルが豊富な日本食は、成俊がスーパーで買いそろえる。「いつもありがとう」。マーラが微笑むと、成俊は「コーチ兼主夫ですから」とおどけた。

成俊に陸上競技の経験はない。日本の証券会社で働いていた2001年、英国外務省の書記官で在日大使館勤務だったマーラと東京で知り合い、翌年結婚した。マーラは本国での転勤を機に「マラソンで五輪に出たい」と言い出した。英国ではクロスカントリーのトップ選手だった経歴がある。成俊は「素人だから」と練習を見守っていた。

分岐点は04年のアテネ五輪代表選考レース。17位で代表漏れし、落胆するマーラの姿に「食事や練習法を見直したらもっと伸びるんじゃないか。手伝うよ」と持ちかけた。1人の練習に限界を感じていたマーラは、夫の思いがけない申し出に感激した。
 マーラが競技に専念するため06年に休職すると、成俊も翌年、当時勤めていた外資系証券会社を退職した。上司から何度も慰留されたが、「こんなチャンスはない。夫婦で夢を追いかけたい」と専属コーチになることを選んだ。

成俊は日本の指導者の著書を参考にした。レースまでの練習メニューの組み立てから、マッサージの方法、栄養学まで。シドニー五輪金メダリストの高橋尚子(39)がレース前にもちを食べていることを知ると、すぐに取り入れた。日本の実業団チームが合宿する長野などを訪れ、監督らに調整法を聞いたりもした。
 手探りの指導で、マーラは急成長した。成俊は楽しくて仕方なかった。08年の北京五輪で念願の初出場を果たし、6位に入賞した。銅メダルの選手までわずか22秒差、距離にして約100㍍だった。「メダルまであとちょっと。ロンドンまで続けたい」。マーラの申し出に成俊は大きくうなずいた。

順調に自己記録を更新していた10年末、練習中に右太ももの肉離れを起こした。数人の医師から診断を受けたが、それぞれが違うリハビリ法を助言。回復が長引き、走れない日々が約半年続いた。
 練習の再開を急ぎたがるマーラに、成俊は「それなら専門家にコーチを頼めばいいじゃないか」と声を荒げたこともある。しかし頭を冷やせば、「2人でこれまでやってきたんだから、二人三脚でまた頑張ろう」という結論に落ち着いた。「私にとってシゲ以上のコーチはいない」
 故障から約1年後の昨年11月、横浜国際女子マラソンでマーラは目標タイムをクリアし、翌月、ロンドン五輪出場が決まった。

ロンドンの公園は新緑の季節を迎えている。マーラのそばを自転車で伴走していると、市民から「頑張って」と声を掛けられる機会も増えてきた。「いよいよ本番が近づいてきている」と成俊は感じる。開幕まであと100日。バラが咲き誇る頃、夫婦の夢が結実すると信じている。(敬称略)



マーラさんの公式ブログはこちらから。
London run3




london run2

読売新聞 連載「顔」(2012年6月22日掲載より)

被災地から聖歌ランナーに選ばれたホテルマン
三品 貞治(みしな さだはる)さん 31


保育園で妻(33)は長女を車に乗せた。宮城県多賀城市にも津波が押し寄せた。妻は奇跡的に助かったが、長女がのみ込まれた。必死に捜し続けた。1週間後、遺体が見つかった。まだ2歳だった。自宅も流された。

英国全土を8000人のランナーが走るロンドン五輪の聖歌リレー。東日本大震災の被災者としてただ一人選ばれた。推薦文を書いたのは、勤務する仙台市のホテルの上司だ。「気高さ、誉れ高さ、勇気を示した」

震災後間もなくホテルは営業を再開し、工事関係者らが続々と泊まりに来るようになった。同僚は不眠不休の状態。娘を失い、何もする気になれなかったが、「復興に協力しなければ」と、地震から23日後、職場に復帰。ひたむきに働いた。そんな姿が上司の目に留まった。英国にあるホテルのグループ本社は、聖歌ランナー約70人の枠を持っていた。

震災から1年がたった今年3月、英国行きが決まった。日本と被災地の代表だ、と思った。
「一緒に走ろう」。
娘の写真を納めたペンダントを胸に、今月25日、イングランド北部の街を走る。
(東北総局 小林泰裕)

スポンサーサイト

トゥクトゥク♪トゥントゥントゥントゥン♪ふたたび。

2010 - 10/14 [Thu] - 12:18

丁稚(上)の学校に新しくやってきたALT(語学指導等を行う外国語指導助手だそうな)の先生がスコットランド!出身らしい。
以前の先生はイングランド人のポール(←ともだちかい)で池面だったらしいのだが、ついぞ一度もお会いする機会がなかった。
丁稚に
「パトリック(←ともだちかい)はスコットランドのどこ出身か詳しく訊いてきなさい」
と指令を出したが、
「次に来るのは2~3ヶ月先だよ」

……がっくしorz

しかしこんな田舎にもスコットランドの人がいるのだなあと思うとしみじみと嬉しい。


さて日本で観られるミニ英国、フォグ・バーの新しいCMがアップされていたのでご紹介。
今回も倫敦の情緒がたっぷりでまんぞく^^。





「しろねこ」と「高慢と偏見」。

2010 - 09/03 [Fri] - 12:22

やっと新学期となり、我が家では平穏な日々(笑)が戻ってまいりました。
ビバ!ひとり!ほっほ~♪
いぜん「愛は静けさの中に」というタイトルの映画がありましたが、
ワタクシの場合は「愉しみは静けさの中に」なんてとこでしょうか。

さあ~PCの排気熱にめげず(笑)久々の更新です^^。


さて、先月ご紹介いたしました「しろねこ」。
【本よみうり堂】にも載っていました。(以下、転載)



英国の貴族猫たち 
「しろねこ」(石井理恵子・横山明美著、新紀元社、1600円税別)は、
イギリスの古城や貴族の邸宅に暮らす猫たちを紹介している。

 城門に登ったり、広い庭を動き回ったり、年代ものの家具の中に
たたずんだりする猫の穏やかな表情が印象的だ。
城を背景にした写真のほか、演奏会で来場者にあいさつして回る猫など
様々なエピソードも楽しめる。

(2010年8月27日 読売新聞)


しろねこ 英国の古城に暮らす猫を訪ねてしろねこ 英国の古城に暮らす猫を訪ねて
(2010/08/10)
石井理恵子横山明美

商品詳細を見る

装丁が美しいです。
見本画像にはどれも帯がついていなくて残念!
この帯がまたいいのですよ。まるで壁紙のような手触り……。
ぜひ書店で手にとって確認していただきたいです。
装丁・帯を含め、あそび紙や全体のデザインも、英国のお城をイメージさせるようなノーブルなデザインでまとめられていて、まるでお洒落な洋書のようです。

堂々の風格で表紙を飾っているのは
スキップトン城に住む「しろねこ」ボリス。
なんともうすぐ20歳!!
このご本には他にもたくさんの魅力的な「しろねこ」が登場するのですが、
人間では100歳を超えるご長寿ねこに、著者の石井理恵子さんも敬意を表されての
表紙モデルだったのかもしれませんね。

ねこ好きな方には物語として、城好きな方には美しい写真集として、そしてもちろん、お城周辺エリアのお店やB&Bの紹介などもあって、これ一冊でガイドブックの役目も果たしてくれます。
たとえば

「ベルトン・ハウス」とこの宿は車で1時間半。公共交通機関で、バスと鉄道の乗り継ぎを利用すると3時間以上かかります。
(本文P127より)

なんて、こんな親切で丁寧な記述は石井さんのご本ならでは。
そして、随所にねこたちに対する温かな石井さんのまなざしが感じられるご本です^^。


「しろねこ」を読んだあと、無性に「お城が出てくる美しい英国映画が観たい!」衝動に
駆られ、後日DVDを借りてきました。
「高慢と偏見」で~す!
(有名なのにまだ一度も観たことがなかったのです)
kouman.jpg
期待に違わず楽しめたのですが、しかし気になる画像を発見!

kouman1.jpg
え??こんなキスシーン!なかった!!よ??

ワタクシが観たのはこれだけ。
koumann.jpg
しかも朝日に照らされて寸止め(にしか見えない)だった。

調べてみると、なんと「日本版とアメリカ版ではラストが違います」ですと!?
発見した画像がアメリカ版のラストらしいのです。
(ようつべにアップされてましたが、ブロックされて観られませんでした)
どんだけシャイな民族と思われてる??日本……(・ω・)ゞポリポリ。

熱帯をチェックしてみると、
プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ドナルド・サザーランドマシュー・マクファディン

商品詳細を見る

昨年に新しく発売されたDVDにはアメリカ版のラストが特典映像として収録されている模様です。
ファンから要望があったのかな?
何にしろワタクシにとっても嬉しいかぎり。
しかも1800円のお手頃価格。これは買わねばなりますまい。

映画に使用されたミスター・ダーシーの住む大邸宅チャッツワースですが
石井理恵子さんのご本
「鉄道でめぐる英国・自然派ホリデー」に威風堂々と登場しています。
鉄道でめぐる 英国・自然派ホリデー鉄道でめぐる 英国・自然派ホリデー
(2009/02/13)
石井 理恵子横山 明美

商品詳細を見る

あああ「オリエント急行」に乗ってみたい……。

ギャレス先生 新シリーズ始動。

2010 - 08/02 [Mon] - 11:43

gareth_glyndebourne.jpg

Gareth takes on one of his biggest challenges to date: helping the production team at the Glyndebourne Opera House to find new young talent and reach teenagers who would never usually get the chance to perform at one of the world's most celebrated opera houses. He visits local schools and community groups to hand-pick young chorus stars for a new opera, Knight Crew by Julian Philips, which retells the King Arthur legend in an urban gangland setting.


ギャレス先生の新シリーズがBBCで始まっているようです。
今度は「新しいオペラ」!
んまんま♪早く見たい!
NHKさん何とぞよろしくお願いします。へっへっへ。
今年の秋~冬には放送されるかしらん。


あいかわらずの美声にくらくらですわ~ん。



ギャレス先生の過去のクワイア・シリーズがふたたび!ふたたび放送されます。
8月16日から20日まで、「もう一度見たい世界のドキュメンタリー」にて。
「もう一度見たい」シリーズは視聴者の投票できまるそうです。
うんうんさすがの人気ですね^^。(しかし深夜枠かあ~)
新シリーズも思ったより早く放送されるかもしれません♪

ギャレス先生おめでとう!

2010 - 04/05 [Mon] - 21:03

ギャレス先生が
36th Annual Awards 2010のベストパフォーマー賞を受賞しました~!!
ぱちぱちぱち!!
昨年の「Boys Don't Sing」より連続受賞です。
おめでとうございます!!

Best TV Performer in a Non-acting Role: Gareth Malone for The Choir: Unsung Town (A Twenty Twenty Television production for BBC Two)


News
Gareth Malone double success at Press Guild Awards
Mar 29, 2010
Gareth_Malone_The_Choir_Unsung_Town_copyright_BBC_jpg_200x200_crop_detail_q85.jpg

Gareth Malone was awarded Best TV Performer in a Non-acting Role at the 36th annual Broadcasting Press Guild Awards. The Choir: Unsung Town, which Gareth presented, also won best Factual Entertainment Show. The winners were announced on Friday 26th of March at the Theatre Royal, Drury Lane, London.

「町中みんなで合唱団!」でおなじみのメンバーが写っていますね^^。この作品で受賞です!
(原題は「UNSUNG TOWN(目立たない町)」)。




この動画の最初に重いキーボードを抱えて歩くギャレス先生の姿が映っています。
ラテン語の歌に苦労する合唱団のメンバーのために、こうして一軒ずつ出張レッスンを行うギャレス先生。
サウスオキシー合唱団が、周辺地域からの差別(サウスオキシーは労働者階級の町で、周辺の富裕層地域から低く見られている)を乗り越え、誇りを持って真の合唱団に成長するために、ギャレス先生は難しいラテン語のクラシック曲をあえて課題に選びます。
すでにテレビにも出演し、聖歌隊合唱団の指揮者としてロンドンでは有名な存在であったのに、こうして地道にひとつずつ、ひとつずつ、サウスオキシーの住民たちと信頼を築いていく姿がたくさんの視聴者に感動を与え、今回の受賞につながったのだと思います。
「歌は住んでいる環境さえ変えます。人種や階級を超え、人びとをひとつにするのは音楽……歌なんです。」
そう語るギャレス先生。

この番組中で、すでに別のプロジェクト(新しいドキュメンタリー)が進行中だということが明かされますが、サウスオキシー合唱団メンバー全員のたっての願いで、ギャレス先生は現在もサウスオキシー合唱団の常任指揮者を続けているそうです。
単にドキュメンタリー番組を撮る間のうわべだけの付き合いなら、ここまでメンバーの信頼を得ることもなかったでしょう。

……次はスコットランドに来てくれないかなあ。

(おまけ)

日本ではまだ放送されていないギャレス先生の一番最初のドキュメンタリーのようです。
なんと最後にDVD発売のお知らせが!!
ぶらぼー!はらしょー!!あめーじんぐ!!

Yちゃん!!おみやげに買ってきてえええ!!!



……はた。(正気にもどった)

英国製って……日本では観られないじゃん!

 | HOME |  »

フリーエリア

プロフィール

管理人・天水。

Author:管理人・天水。
ようこそいらっしゃいませ♪
新聞で見つけた記事や読書、英国ばなしを櫻花楼(おうかろう)より日々の暮らしと共にのんびり、ひっそり発信します。

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。